ゴルフ場のクラブハウスってどんな服装で行くのが一番いいの?女性ゴルファーの服装マナーいろは

getty

ゴルフ場のクラブハウスってどんな服装で行くのが一番いいの?女性ゴルファーの服装マナーいろは

お気に入り

ゴルフはマナーの厳しいスポーツです。ゴルフ場によってドレスコードが厳しく決まっていたりします。

最低限のマナーは知っておきたいですよね。

ゴルフ場でコースデビューをする場合は特に、洋服選びに迷ってしまいそうです。

コースの格式やドレスコードによって違いますが、ややフォーマル(ビジネスカジュアルくらい)な格好をしていってゴルフウェアは持参していく場合や、ゴルフウェアの上にジャケットなどを羽織っていく場合が多いようです。

コース初心者のゴルフ女子が用意したいアイテムを学んでいきましょう。

ゴルフ場に行くときはこんなイメージで

ゴルフ場に行くときはこんなイメージで

getty

普段会社勤めで働く女性の中には、男性と同じように紺や黒のスーツで通勤しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ゴルフ場では、そこまでの服装をする必要はありませんが、「服装にある程度マナーがある」という点ではビジネスシーンと似ている部分もあります。

高級フレンチなど、ちょっといいレストランに行くときのドレスコードをイメージしてみると良いかもしれませんね。

いつもはカジュアルな服装の方も、たまにジャケットを羽織るなどビシッとした格好をすることで、気分も変わり新鮮な気持ちで楽しめるのではないでしょうか。

服装のマナーはゴルフ場によって異なります。

夏でもジャケットが必須の場所や、襟や袖の有無など細かく設定されている場所もあります。

服装のルールはゴルフ場のホームページに記載があるので、必ずチェックしておきましょう。

しかし、記載がない場合や調べる時間がない場合でも、基本ルールを知っておけば困ることはありません。

今日は暑いな……。そんな日の服装はこれ!

今日は暑いな……。そんな日の服装はこれ!

getty

暑い日はラフな格好で行きたい! そう思う方もとても多いと思います。

しかし、いくら暑い日であっても、Tシャツや短過ぎるスカートでラウンドに出たり、クラブハウスの出入りをするのはマナー的によろしくありません。

そこで、ジャケット着用が必須ではないというゴルフ場は、半袖のワンピースで襟のついたものや、半袖のポロシャツなどを着ていくことをオススメします。

また、ジャケット着用が必須な場所は、現在は女性用でも通気性のよい薄手のジャケットが多く売られていますので、そちらを着ていくのが暑さ対策になるのではないでしょうか。

夏の時期はジャケットがなくても大丈夫なところも多いですので、ホームページでチェックしたりコースに問い合わせてみたりしてください。

ゴルフ場でやってしまいがちなNGコーデ

ゴルフ場でやってしまいがちなNGコーデ

getty

ゴルフ場に行くためのジャケットを用意したあなた。ボトムやワンピースがデニム生地ではありませんか?

ジャケットにデニムを合わせるコーディネートは男女ともにやってしまいがちですが、実はデニムはゴルフ場ではNGなんです。

ジャケットの素材にも注意が必要です。

デニムはもちろんですが、レザーもNGです。おしゃれアイテムとして人気のライダースジャケットもゴルフ場ではマナー違反となります。

また、女性はスカートなどで行く機会も多いかと思いますが、過度に短いものや足の露出が大きいものは避けたほうがいいでしょう。

オフショルダーもかわいいですが、ゴルフの時は我慢しましょう。へそ出しももちろんNGですよ!

ショートパンツなども、ゴルフ場によってはNGな場所もありますので、事前に確認してみてください。

またスウェット素材の物も好ましくありません。スカート、ジャケット、ワンピース、すべてスウェット素材の物は止めておきましょう。

マナーを守った上でのオシャレをすることで、周りからの評価も良くなり、何より自分が気分よくプレーできるのではないでしょうか。

ゴルフ場に行くときは、靴にも気を遣おう

ゴルフ場に行くときは、靴にも気を遣おう

getty

いざウェアや入退場時の服装が決まり、ジャケットも準備完了、これでコースデビュー! でもちょっと待ってください。

決めた服装に合わせる靴は大丈夫でしょうか。実はゴルフ場の入退場はゴルフシューズやスニーカー、サンダルはNGなんです。

男性は革靴や革靴に近いもの、女性は華美過ぎないデザインで、ヒールが高過ぎない皮革のパンプスが無難でしょう。

また、ブーツなども問題ないゴルフ場が多いので、コーディネートのアイテムのひとつに取り入れてみてはいかがでしょうか。

多くの人がデビューの際に「ジャケット着用」なんて堅苦しいと思いがちですが、いざゴルフ場に行ってみると、襟のついた服やジャケットできちんとしてよかった……と、胸をなでおろすものです。

ぜひ今回紹介したマナーなどを参考に、コーディネートを考えてみてください。

これってダメだったの? NGな服装

これってダメだったの? NGな服装

getty

ゴルフによく行く人でもやってしまいがちなダメな服装をまとめました。失敗しないように覚えておきましょう。

【靴】
サンダル・ミュール・クロックス・スニーカー

かかとが出ているものは基本NGと覚えると簡単です。

【服装~柄~】
迷彩柄・スカル柄・アニマル柄

ゴルフウェアブランドから販売されているからといって、どのゴルフ場でも着ていいというわけではありませんので、注意が必要です。

【服装~デザイン~】
ノースリーブ・襟なし・短い丈のスカート

最近ではプロも襟のないウェアを着てラウンドする姿も見られますが、歴史のある古いゴルフ場などでは今でもNGです。

クラブハウス内でのマナー

クラブハウス内でのマナー

getty

帽子やサングラスは紫外線対策には必須ですよね。しかし、クラブハウスにいる時はどちらも外しましょう。

朝の受付時だけではなく、ハーフラウンドが終わってクラブハウスに戻ってきた時も、きちんと外しましょう。

レストランで帽子をかぶっている人は見かけませんが、クラブハウス内もマナー違反になるので気を付けましょう。

タオルなどを首にかけて歩くこともしないようにしましょう。

女性の場合はお風呂上りに、髪の毛が濡れたまま歩き回るなんてこともしないでくださいね。

服装を間違ってしまった時どうする??

服装を間違ってしまった時どうする??

getty

もし服装を間違えて来てしまった場合どうしたらいいでしょうか? ゴルフ場によっては、受付もしてもらえない場合もあります。

しかし、クラブハウス内に売店があるコースでは、ここである程度のものは購入することができます。

定価での販売が多く、色やサイズにも限りがあるため、いつもより出費が痛いですが対処法としてご利用ください。

忘れ物をした時もこの売店は役に立ちます。

私は過去に帽子、グローブ、靴、レインコートを忘れたことがあり、それぞれ売店で購入しました。

ゴルフシューズに関してはレンタルがあったりするので、買わなくても大丈夫な場合もありますよ。

困った時のユニクロ

困った時のユニクロ

getty

ジャケットや襟付きのシャツなど、そんな服持ってないよ! という方もいると思います。

ユニクロは安価で、シンプルなデザインが売りです。

営業時間も長く、定休日もないので、手持ちの洋服に必要なものがなかったら、ユニクロで揃えましょう。

高級なイメージがあるゴルフですが、多くのゴルファーがユニクロユーザーだったりします。

ユニクロの何を着ているのかというと、ジャケットからアンダーウェアまで、様々です。

冬には寒さ対策のヒートテックが人気ですし、他にもインナーパンツや靴下なども揃います。

普段ジャケットを着ない人にとってはゴルフの行き帰りのためだけに、高価なジャケットを買うのがためらわれると思います。

こういったプチプラなお店で揃えるといいですよ。

朝の服装

朝の服装

getty

ゴルフ初心者の心配の一つである、服装マナー。最近はゴルフウェアを着て来場する人もいます。

その理由としては、渋滞などがあった場合に着替える時間がなくなってしまうなど朝の時間の有効活用対策として行っています。

スタート時間のギリギリではなく、余裕を持った到着時間で少しくらいは渋滞があっても間に合うようにしましょうね。

もし、ゴルフウェアを着ていく場合は、やはりウェアの上にジャケットなど羽織るものを持っていき、クラブハウス内に入る際はジャケットを着用しましょう。

しかし、ゴルフウェアにジャケット、足元はパンプス、というような格好は、あまりおしゃれではありません。

最低限のマナーを守っているだけ……というスタイルなので、あまりオススメましません。

マナーに厳しすぎて堅苦しい! って思うかもしれませんが、決められたルールの中で自分らしいおしゃれを楽しみながら服装を選んでください。

ルールやマナーを守って、楽しいゴルフを最大限楽しみましょう!

どうして厳しいの?

どうして厳しいの?

getty

海外のアマチュアゴルファーの写真を見ると、襟なしやデニムスタイルでプレーをしていたり、すごいものでは水着姿っていうのも見たことがあります。

どうしてこんなことになっているのでしょうか?

ゴルフの発展に寄与したスコットランドのスチュワート王家が作法に厳しく、ネクタイとスーツ姿というフォーマルな格好でのプレーを推奨していました。

その後にアメリカでゴルフのブームが起こった際にフォーマルな服装は避けられて、ラフな格好をするようになっていきました。

あまりにもラフな服装が増えたため、全米ゴルフ協会が服装規定を設けたところが始まりです。

その名残なのか、アメリカでは未だに、ラフな服装でプレーする人もいるようですが、ルール上は襟付きは基本事項です。

日本でも、ショートコースなどはジーンズでも大丈夫であったり、襟なしでも大丈夫なコースもあります。

TPOに合わせた服装選びが必要ですね。

厳し過ぎるルールも困りものですが、最低限のルールは守れるゴルファーでいたいですね。

お気に入り
mariko

休日はゴルフ場かディズニーにしかいないですw

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG