ゴルフに行くときの服装【大衆コース編】

getty

ゴルフウェア

ゴルフに行くときの服装【大衆コース編】

0

ゴルフ場に行く際の服装には少々気を使いますね。ゴルフを始めたての人は特に!

あまりに不適切な服装でゴルフ場に行くことはタブーとされています。

しかしゴルフ場に行くときは正装でというのは過去の話です。

ゴルフ場や一緒に行く人に合わせた服装で行けば大丈夫です。

堅苦しい服装なんて必要ない!

まず第一にお伝えしたいのが、ゴルフ場に行くために革靴を履いて、シャツをきて、暑くてもジャケットを羽織って・・・。

ゴルフウェアは夏でも長ズボンでポロシャツはスボンの中に入れて・・・というような正装である必要はまったくありません。

ほとんどのゴルフ場ではクラブハウス内でわざわざジャケットを羽織る必要はありませんし、革靴である必要もありません。

ラウンド中も短パンでも大丈夫です。丈が短めのポロシャツであればズボンに入れる必要もないでしょう。

なんとなくゴルフはマナーにうるさくて服装もしっかり揃えないとゴルフができないというイメージがありますが、そんなことはまったくありません。

まずはゴルフの服装に対する認識を改めてほしいと思います。

大衆コースってどこなのか?

ゴルフ=堅苦しい服装というのは過去のイメージです。

現在のゴルフ場はプレーするままの格好(ゴルフウェア)でクラブハウスに行っても特に怒られたりすることはありません。

ただしどのスポーツにもあるように、最低限の服装マナーは必要なのでそれらは後ほど紹介します。

難しいのがカジュアルな服装で行ってもいいゴルフ場とそうでないゴルフ場の線引きです。

線引きは曖昧ですが、僕は以下のようにとらえています。

カジュアルな服装でも大丈夫なゴルフ場=GDOや楽天GORAで予約が取れるゴルフ場
ドレスコードがしっかりしているゴルフ場=GDOや楽天GORAで予約が取れないゴルフ場

イメージとしては一般の人が予約できるようなゴルフ場へはカジュアルな服装で行ってもなんら問題はありません。

とはいえ例外もありますので、各コースのホームページでドレスコードは確認してください。

ポロシャツ短パン、スニーカーが最低ライン

どれだけカジュアルな服装で大丈夫と言っても限度があります。

そんな時は最低ラインを覚えておきましょう。

ゴルフ場に行く場合はの最低ラインは『ポロシャツ、短パン、スニーカー』です。

ポロシャツではなくTシャツと書きたかったですが、現在の日本のゴルフ業界の雰囲気からすると、Tシャツはマナー違反の場合もあるのでポロシャツに留めておきます。

このポロシャツ短パン、スニーカーでゴルフ場へ行けば、靴だけゴルフシューズに履き替えればチェックイン後すぐにラウンドに向かうことができます。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ゴルフに行くときの服装【大衆コース編】

カートに追加されました。


×