【まとめ】アイアンの打ち方・選び方 10選

getty

【まとめ】アイアンの打ち方・選び方 10選

お気に入り

ゴルフでは、アイアンが上達すると、スコアメイクが楽になり、マネジメントの幅が広がります。

また、アイアンの上達には、いかに自分のプレースタイルに合うアイアンを選ぶのかも重要です。

そこで、

「アイアンをうまく打つにはどうしたらいいの?」
「アイアンでよくやるミスを改善するには?」
「アイアンの選び方を知りたい」

といった疑問を解決する記事をまとめてみました。

①初心者が悩む、アイアンをダフる原因と改善のためのポイント!

①初心者が悩む、アイアンをダフる原因と改善のためのポイント!

getty

keikoさんによる、ダフリの原因と改善ドリルの紹介です。

「ダウンブローで打てるように」ってさらっと言われても、簡単にはできませんよね?

ダウンブローとは、スイングの最下点がボールの先にくることだそうです。

打ち込むとか、クラブを鋭角に入れるとかいう表現ではないので、ちょっと安心感を得られそうです。

②アイアン上手になりたい!『トップの原因』と『ミスを減らすための練習法』

②アイアン上手になりたい!『トップの原因』と『ミスを減らすための練習法』

getty

ゴルゴルさんによる初心者向けのやさしい記事です。

トップとは何か? なんで起こってしまうのか? など考え、解決するいくつかのアプローチを示してくれています。

コレを読んだら練習場に行きたくなるはず。

③ダウンブローでターフを取ろう!~勝手にターフが取れる仕組みとは?

③ダウンブローでターフを取ろう!~勝手にターフが取れる仕組みとは?

getty

tetsuxxx5452さんによる、ダウンブローの打ち方のご紹介です。

プロやアマチュアのスイング動画・画像も観られますので、参考になります。

④モデルによってこんなに違う!アイアンは番手よりもロフト角で選ぶべし!

とやさんによる、ロフト角の重要性を説いた記事です。

「7番アイアン」と一口に言っても、アイアンについている角度がメーカーやシリーズによって異なるのをご存知でしたか?

このアイアンは飛ぶなぁ! と思っても、実は番手の表示が違うだけで、実力が上がったわけではない…というケースもありますので、基準値を覚えておくといいかもしれません。

⑤もう迷わない!アイアンの選び方パーフェクトガイド

⑤もう迷わない!アイアンの選び方パーフェクトガイド

getty

引き続き、とやさんのアイアン選びの中・上級者向け記事。

厚みや長さなど、フェース形状に特化した分析です。

クラブの買い替えを考えている方は必読です。

⑥これが打てれば他も打てる!?逆説的ロングアイアンのススメ。

⑥これが打てれば他も打てる!?逆説的ロングアイアンのススメ。

getty

kengolfさんによる、2番アイアンの体験談です。

やさしいクラブが人気の昨今ですが、やっぱりマッスルバックやロングアイアンを「バシッ」と打つのは、誰もが憧れるもの。

難しいクラブから練習していくのも、意外とアリかもしれません!

⑦アイアンでのシャンクの原因と練習法

⑦アイアンでのシャンクの原因と練習法

getty

p562pさんによる、シャンクの原因と練習法のご紹介!

ネック(クラブフェースの根本)にボールが当たって右に出てしまうのが「シャンク」です。

シャンク病が一度出始めると、恐怖ですよね。

そんなときのためにもぜひご一読を。

⑧意外とカンタン!?ショートアイアンの引っかけ防止のための方法!

⑧意外とカンタン!?ショートアイアンの引っかけ防止のための方法!

getty

meisonさんの、アイアンを左に打ってしまう人へのアドバイス。

それは「コントロールショット」です。

コントロールショットのコツを伝えています。

⑨高低を打ち分けるアイアンショットの練習方法

⑨高低を打ち分けるアイアンショットの練習方法

getty

p562pさんによる、高いボールと低いボールを打ち分ける、やや中・上級者向けの記事です!

グリーンに上げて乗せる、ピンを狙って打っていくことを意識するようになると、コースマネージメントが上達し、90の壁が切れるレベルと言っていいのではないでしょうか?

でも、やり方はとても簡単なので、初心者の方も練習場などでぜひ試してみてほしいです。

⑩傾斜地からのアイアンショット、気をつけることは?

⑩傾斜地からのアイアンショット、気をつけることは?

getty

ハンデ5という、シングルハンデキャッパーのゴルゴルさんによる記事です。

傾斜地からのアイアンショットの教科書的な記事なので、初心者の方や基本を見直したい方にオススメです。

練習場では養えない、コースで使える知識ですので、読んだら実践してみましょう!

気持ちよく振り抜いていきましょう♪

気持ちよく振り抜いていきましょう♪

getty

いかがでしたか?

初心者が最初に打ち込むのもアイアンだと思いますし、上級者のスコアメイクの鍵になるのもアイアンだと思います。

アイアンをミカタにつけて楽しいラウンドをしたいですね♪

お気に入り
Gridge編集部

Gridge編集部による独自取材の記事を配信していきます!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人