アイアンでのシャンクの原因と解決方法は?

お気に入り
アイアンで起こしたくないミスの中に、シャンクがあります。

どうしてシャンクは起こってしまうのでしょうか?

その原因を知って、対策を立てていきましょう!

シャンクの原因を踏まえたうえで、練習法もご紹介したいと思います!

シャンクはどうして起こるの?

シャンクはどうして起こるの?

getty

シャンクの嫌なところは、一度やると何度も同じミスをしてしまうことがあるということです。

一度ミスをすると、またやってしまわないかという心理状態になります。

それもまた、シャンクを再度引き起こしてしまう、心因的な原因のひとつといえます。

シャンクの直接的な原因は、ボールがアイアンのネックに当たってしまうことです。

それによってボールが右側に飛んで行ってしまい、シャンクになるのです。

心因的なものが加わると、何度も繰り返してしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

シャンクの原因はこれです!

シャンクの原因はこれです!
シャンクの原因の一つとして、スイングがアウトサイドインになっていることが挙げられます。

シャンクになってしまうときは、アイアンのクラブヘッドが飛球線から降りてボールをとらえてしまい、インサイドに抜ける軌道になります。

結果的にアウトサイドインの軌道になってしまい、クラブヘッドのネック部分にボールが当たって右側に飛んで行ってしまうのです。

アウトサイドインは、シャンクだけではなくスライスや引っ掛けの原因にもなるので注意が必要です。

シャンクを直すために必要なこと

シャンクを直すために必要なこと
アウトサイドインが原因で手の位置がアドレス時よりボール寄りになって起こるシャンクについて、解決法を考えてみましょう。

まずは、アイアンのグリップをフックグリップに変えてみましょう。

それでもシャンクが出たら、グリップの握る位置を左の太ももの内側の前に調整してみてください。

グリップを最初からその位置で握ることが重要です。

ボールの位置にも気を配ってみましょう。

バックスイング時はクラブフェースの開き過ぎに注意しましょう。

いろいろと注意点がたくさんありますが、ゆっくりとひとつずつ確認してみましょう!

シャンクを撃退するための練習法

シャンクを撃退するための練習法
アウトサイドインのスイングを行ってしまうのは、アドレスに何らかの原因があります。

シャンクの改善には、最初はインサイドインの軌道を意識してみるのもいいと思います。

そうするとアイアンのフェースのトウ側にボールが当たる確率が上がり、シャンクが出なくなります。

その練習法は、まず写真のようにボールを自分の体から縦にふたつのボールを1個分の距離を取って並べます。このとき手前のボールにアドレスを合わせましょう。

そして奥のボールに当たらないようにしながら手前のボールを打ちます。

この時、フェースのトウ側にボールを当てるよう気を付けましょう!

これをマスターしたら、ボールの間隔をボール半分の距離に縮めます。難しいかもしれませんが、じっくり練習して、シャンクを撃退しましょう。


シャンクは練習で改善できます!

まずはシャンクを打ってしまっている時のスイングがどうなっているのかを確認しましょう。

その原因を踏まえたうえで、丁寧な練習を繰り返し行って自信と実力が身に付けば、シャンクはなくなるはずです!
お気に入り
p562p

ゴルフを楽しむ30代男性^ ^ ゴルフの楽しさを皆様にお伝えしていきたいです!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。