ドライバーが苦手なら短くしちゃえ!?「短尺ドライバー」のススメ
ゴルフクラブ

ドライバーが苦手なら短くしちゃえ!?「短尺ドライバー」のススメ

0

ドライバーを握ればチーピン、スライス、挙句の果てにはチョロや空振り。

「もーーーードライバーなんてイヤ!」

こんな人いませんか? ここまで極端でなくても、左右に散ってしまったり、なかなかフェアウェイをとらえられなかったりと安定しない方は多くいます。

そんなドライバーに嫌気が差している方、思い切って飛距離を捨てて短尺ドライバーにしてみては?

短尺ドライバーってメリットが大きい!

ドライバーが短くなることでメリットがたくさんあるんです。

まず安定しなかったドライバーが安定しやすくなります。これは単純にシャフトが短くなったことで、スイングが安定して振りやすくなる。その結果ミート率が上がるということです。

遠心力も抑えられますので、手の浮き上がりが発生しにくくなってチョロなども減ってくる可能性が期待できますよ。

ドライバーショットが左右に散るだけならまだしも、OBとなってしまえばまったくボールが進まないのに打数だけ加算されていくことになってしまいます。

そのOBが減ることで、1打当たりの平均飛距離は大きく伸びることになりますからね。

3番ウッドよりも前に進む確率が上がる

「短尺ドライバーを使うくらいなら3番ウッドを使えばいいじゃないか?」

こんな声が聞こえてきそうですが、そもそもこれはスイングや打点が安定している方の意見。

初心者の場合、フェアウェイウッドってあまり練習量が多くない傾向にあります。そんな人がフェアウェイウッドを振るとどうなるか。

チョロは出るわ、テンプラ+チーピンのボールは左方向へ高く舞い上がり遥か彼方へ・・・という悲しいショットまで。

それに比べるとドライバーの方がフェース面積そのものが大きく、とりあえず当たる率は増えるわけです。練習量不足と言われてしまえばそれまでなんですけどね。

なので「とりあえず当たって前に進む」という確率を増やすなら、3番ウッドより短尺ドライバーの方がいい人も。

短尺ドライバーの欠点は飛距離!

短尺ドライバーの欠点、それはズバリシャフトが短くなったことによるヘッドスピードの低下です。

これは飛距離ダウンにつながります。

飛距離を求めている人には短尺ドライバーは不向きとなりますが、ティーショットの平均飛距離を求める人には欠点となりにくいかもしれませんね。

とはいえ「ドライバーでかっ飛ばすのがゴルフの醍醐味だ!」なんて方は短尺ドライバーは選んではいけません。

飛距離と引き換えに、ショットの安定性や方向性を得るわけですからね。

短尺ドライバーって案外リーズナブル!

普段あまり調べることがない方にとっては短尺ドライバーの値段って想像もつかないんですが、実は案外リーズナブルなんです。

売れ筋のニューモデルのドライバーの値段と、短尺ドライバーの値段を比較してみると一目瞭然。

「ちょっと試してみるか」っていうことはなかなかできませんが、ドライバーに悩むゴルファーならば、短尺ドライバーをエースドライバーに使うことも選択肢として十分アリな値段となります。

ドライバーってそうそう新調できる値段ではありませんが、これならなんとか購入してみようかな、と思えますよね(※メーカーを選ばなければ、1万円台からあります)。

さて、飛距離は出ずとも安定したゴルフを目指すことができる「かも」しれない短尺ドライバー。

これまでの苦手意識を跡形もなく吹っ飛ばしてくれる救世主となりうる可能性すら秘めています。

「ドライバーなんて見るのもイヤ!」という方、一度短尺ドライバーをお試しあれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ドライバーが苦手なら短くしちゃえ!?「短尺ドライバー」のススメ

カートに追加されました。


×