腕を使った『アームローテーション』をマスターする!

お気に入り
腕を使ったスイングについて人それぞれの見解があるとは思いますが、昔と比べてみると最近では腕打ちに対する誤解が解けてきたのではないでしょうか。

ここでは腕打ちやアームローテーションによる、メリットや打ち方について詳しく解説をしていきます。

アームローテーションの重要性

アームローテーションの重要性

getty

アームローテーションとは、スイング時に両腕を積極的に使うことで起こるフェースターンと、リストターンの動作(手首の動き)を同調させたスイングのことを表す言葉です。

ゴルファーにとって腕のローテーションはとても重要な要素です。

腕の動きを上手く使うことで起こるアームローテーションは、上手になると格段にヘッドスピードが上がり、ボールを的確にコントロールすることができるようになります。

飛距離が出やすくなるので、飛距離に悩んでいる方はアームローテーションをしっかりとマスターしてください。

実はゴルフは腕打ちが基本

これまでのゴルフの常識として、腕を使ってボールを打つことは、手打ちの状態になってしまうので一般的にはあまりいいスイングとは言えませんでした。

しかし、実はゴルフの基本としては、まずは手や腕を使ってボールを打つことが基本とされているのです。

そこでマスターしたいのがアームローテーションです。

これまで身体を使ってボールを打っていた人にアームローテーションを使ったスイングを試してもらったところ、いつの間にかフック回転のボールが打てるようになった、ということもある程です。

アームローテーションを上手く使いこなせるようになると、自分の理想とする軌道のボールが打てるようになるかもしれませんね?!

アームローテーションでの腕の使い方

アームローテーションの使い方についても、説明をしておきたいと思います。

まずは、身体の前に両腕を伸ばしてその状態で親指を立ててください。そのまま左腕の親指を右手でつかんでください。

その状態から左腕を伸ばしたまま左手の甲が上を向くようにねじりながら両腕を体の右側に回してください。

それから腕を正面に戻して今度は右腕を伸ばしたまま右手の甲が上を向くようにねじりながら両腕を体の左側に回してください。

これがアームローテーションの腕の使い方の基本です。

この動作に慣れてきたら今度は写真のように実際にクラブを持ってやってみてください。イメージが膨らむはずです。

アームローテーションのメリット

アームローテーションのメリット

getty

アームローテーションにはたくさんのメリットがあります。

多くのゴルファーがスライスに悩んでいるようですが、スライスを防止するためにもこのアームローテーションはとても有効です。

アームローテーションの使い方は比較的短時間でマスターすることができるので、スライスで悩んでいるゴルファーはぜひとも習得してみましょう。

習得するための練習では、下半身を使って打つというよりも上半身で打つことをイメージするといいでしょう。まず球の行方は気にしません。


ここまでアームローテーションについて解説をしてきましたが、いかがでしたか?

欧米ではゴルフは上半身を使って楽しむスポーツだとされており、日本よりも腕打ち(手打ち)に対して抵抗がないのです。

アームローテーションをマスターすると、ボールコントロール力も増すのでぜひ取り入れてみてください!
お気に入り
keiman

ゴルフ好きなおっさんです!ミーハーゴルファーですが楽しく執筆していこうと思いますのでよろしくお願いします〜

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5初心者バナー

カートに追加されました。