フェースローテーションは「する?」「しない?」のひとつの真実

お気に入り
フェースローテーションを「する!」「しない!」は、ゴルフにおいて度々議論になるテーマだったりします。

でも、実際のところはどうなのでしょうか?

それとも、ショットの種類によって、必要だったりそうでなかったりするものなのでしょうか?

今回は、フェースローテーションについて、お話していきましょう。

アプローチではどうでしょう?

そもそも、ゴルフというスポーツは、100人いれば100通りというか、著名なプロでも人によって言うことはバラバラだったりします。

とはいえ、それでは話が進まないので、ここでは、主流の考え方のひとつで、私も実践しているスイング理論をメインに話を進めていきます。

私が実践しているのは、スイング中、フェースの開閉を極力抑えるという考え方で、女子プロゴルファーをはじめ、多くのゴルファーが取り入れています。

まずは、ハーフスイング程度のアプローチでフェース向きを考えてみましょう。

スイングのチェックポイントとしては、アドレスでできたフェースの向きを変えずに、クラブが地面と平行になるところ、ハーフウェイバックのポジションまでバックスイングしていきます。

その時、余計な動きをしていなければ、フェース面は前傾角とほぼ同じになるはずです。

ダウンスイングは、バックスイングでフェースの開閉をしていないわけですから、ひねった身体を戻すだけだけで、インパクトのフェース向きはスクエアになります。

そこからフォローに向けても、余計な動きをせずに身体の回転でクラブが上がっていけば、ハーフウェイバックの反対、フォローでクラブが地面と並行になった時、フェースの向きは前傾角と並行になります。

つまり、この考え方では、打ち出し方向をメインに考えるとフェースローテーションをしていますが、スイングをメインに考えると、フェースローテーションはしていないということになります。

フルスイングのバックスイングでは?

では、フルスイングではどうでしょうか?

バックスイングでのハーフェイバックより先の動きは、右肘が身体から大きく離れないように気を付けながらさらに捻転し、同時に右肘を軽く曲げていくだけでトップができあがります。

その時のフェース向きは、肩のラインに並行か、もう少し上を向いていると思います。

このようなフェースの向きであれば、バックスイングにおいて、フェースの向きはずっとスクエアな状態をキープできていることになりますから、バックスイングにおけるフェースローテーションはしていないということになります。

ダウンスイングはどうでしょうか?

View this post on Instagram

Distance SeM1nar. #UnMetalwood

A post shared by TaylorMade Golf (@taylormadegolf) on

続いてダウンスイングはどうでしょうか?

チェックポイントとしては、バックスイングにおけるハーフウェイバックのポジション、いわゆるハーフウェイダウンまでクラブが下りてきた時に、フェースの向きは前傾角と同じになるのが理想です。

しかし、アプローチと違い、フルスイング時には、シャフトがしなると同時に、クラブヘッドが少し遅れて下りてくる、いわゆる「タメ」が発生します。

そのため、フェースの向きは若干オープン、フェースのトウが真上を向いて下りてきます。

そして、そこから身体が回転していくことと、シャフトのしなり戻りで、インパクト時ではフェースがスクエアに戻ります。

フォロースイングではどうでしょうか?

フォロースイングではどうでしょうか?

フォロースイングでも、アプローチの時と同じように、腰の高さまでクラブが上がってきた時に、フェース面は前傾角に並行が理想です。

しかし、ダウンスイングの時と同じように、フルスイングでは、クラブの慣性、シャフトのしなり戻りなどが作用して、いわゆるヘッドが先行した状態になります。

そのため、ヘッドのトウが真上を向いた状態、つまり少しクローズの状態になります。

ひとつの結論は!

考え方としては、アプローチの時も、フルスイングの時も、スイングをメインに考えるならば、フェースローテーション(意図的にフェースを開閉する動き)はしません。

ただ、フルスイング時のように、スイングスピードが速くなると、そこにクラブの慣性やシャフトの挙動が加わるために、自然と若干のフェースの開閉が起こります。

これは意図してやるものではありませんので、フェースローテーションは極力抑える、もっと言うと、フェースローテーションは考えないと言っていいと思います。


最初にお話したように、これはあくまでも、たくさんあるスイング理論のひとつです。

ただ、実践してきた体験をベースにお話するならば、以前よりもスイングは安定しましたし、飛距離も出るようになりました。

フェースローテーションに悩んでいる方、とりわけスライスに悩んでいる方には、ぜひ試していただきたいと思います。

上掲の動画は、フェースローテーションの少ないジェイソン・デイ選手のスローモーションのスイング動画です。

フェース面が常に自分に対してスクエアに近い状態で動いていることがよくわかると思います。
お気に入り
ほしのじゅん

アラサーのなんちゃってアスリートゴルファーです! アマチュア目線でレベルアップに役立つスイングのコツやギアの情報をお届けしたいと思います。 JGAハンディキャップは6くらいです! 写真は愛車です(笑)

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016