シャフト重量で見る、正しいウェッジの選び方
シャフト重量で見る、正しいウェッジの選び方
ゴルフクラブ

シャフト重量で見る、正しいウェッジの選び方

0

ウェッジを選ぶ際にどのような点に注意しているでしょうか?

ロフトの流れやソールの形状はもちろんですが、重さというところも非常に重要になってきます。

選ぶときに外してはいけないポイントです。

ウェッジの重量別の特徴を理解していない人はこれを機会に覚えてみましょう。

ウェッジを選ぶときは重さに気を付けて!

ウェッジを選ぶときは重さに気を付けて!

まず、ウェッジを選ぶには重さが重要だと述べました。

その理由として一番は、フルショットをあまりしないクラブだというところにあります。

サンドウェッジにしろアプローチウェッジにしろ、アプローチで多用するクラブであるため、フルスイングよりもハーフスイングやコントロールショットが多くなります。

そこでスイングを安定させるための一番の方法が、少し重いクラブを選ぶということなのです。

とは言ってもなかなか実際にはわかりにくいところもあります。

もう少しシャフトの重量別に特徴を挙げて説明していきましょう。

ウェッジ選びはシャフトで決まる!~軽めのシャフト編~

クラブの重さを決めるのに重要なのはシャフトです。

このシャフトを重量別に理解しておくと選ぶときに簡単になるでしょう。

軽いシャフトというとカーボンシャフトになります。

アイアンで使用されていることが多いですが、軽すぎるためウェッジには向かないのが特徴です。

そしてこのカーボンシャフトより少し重たくてウェッジに良く使われているシャフトがN.S.プロ950GHになります。

こちらは使われているウェッジが多く、アイアンでも使用されております。

もしアイアンがカーボンシャフトであるのであれば、N.S.プロ950が装着されたウェッジを選ぶのはいい選択です。


Cleveland GOLF(クリーブランドゴルフ) RTX F-FORGED ウェッジ N.S.PRO 950GH スチールシャフト ロフト角:56度 フレックス:S

ウェッジ選びはシャフトで決まる!~重めのシャフト編~

先ほど挙げたN.S.プロ950GHをアイアンに使っている場合、どうなるのでしょうか。

その場合は、同じN.S.プロ950GHでもいいのですが、さらに重いシャフトやダイナミックゴールドを選択してもいいでしょう。

また、キャロウェイのウェッジには、かつてオリジナルのスチールシャフトで「M10DB」というものがありました。

これは、N.S.プロ950GHよりは少し重くて、ダイナミックゴールドよりは少し軽いというシャフトです。

M10DBの場合は中古での入手となりますが、いずれにせよ、アイアンのシャフトと同じか、少し重いシャフトが装着されたウェッジを選ぶといいでしょう。


FOURTEEN(フォーティーン) サンドウェッジ DJ-33 DG 56度

アイアンより軽いウェッジを選んではダメ!

アイアンとウェッジのセッティングで一番やってもらいたくないことは、ウェッジにアイアンよりも軽いシャフトを選んでしまうことです。

最初にも述べたように、フルショットをするクラブではないため、安定が重要となってきます。

もしアイアンより軽いクラブにするとスイングが安定しなくなり、アプローチスイングの再現性が悪くなります。

より自分に合ったクラブを見つけて安定したアプローチを目指しましょう!


TITLEIST(タイトリスト) VOKEY DESIGN COLD FORGED WEDGE ダイナミックゴールドS200 58-08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

シャフト重量で見る、正しいウェッジの選び方

カートに追加されました。


×