ゴルフ通なら知っておきたい!人気の地クラブメーカー3選

getty

ゴルフ通なら知っておきたい!人気の地クラブメーカー3選

お気に入り

地クラブメーカーときいて思い浮かぶメーカーがいくつかあるという人は、かなりのゴルフ通の方ではないでしょうか。

地方で名クラブを製造し続ける地クラブメーカーのクラブヘッドは、こだわりのあるゴルファーには憧れの存在。

まずは、地クラブメーカーの中でも人気の高い3つのメーカーについて知りましょう。

地クラブってそもそも何?

地クラブってそもそも何?

getty

地クラブとは、ある地域で生まれた小規模なメーカーによって作られたクラブのこと。
大手量販店には並ばないため、なかなか手に取る機会はありません。

地クラブメーカーは、製品を自社から販売する以外にも、大手メーカーの下請けとしてクラブを製造している場合もあります。

小規模メーカーとはいえ、それができるだけの技術力を持っているのです。

地クラブメーカーの自社販売品は、大手メーカーの大量生産品とは違い、高価な素材を使い、高品質のものがほとんどです。

1つ1つ高い精度で作られているので、自分に合ったスペックのものに出会えれば、量産品よりやさしく打てることも少なくありません。

人気地クラブメーカー(1)バルド・兵庫県姫路市

2016年ヨネックスレディスで優勝したチュティチャイ選手が試合の6週間前からセッティングに加えたのが、地クラブメーカー・バルドの「COMPETIZIONE 568」ドライバーでした。

バルドのクラブヘッドは、尖ったデザインが特徴。

飛びと打感にこだわり、フェースにどのメーカーも使ったことがない新素材を使用したり、凹凸を増やすことでボディの剛性を強化するという設計手法を取り入れるなど、強いこだわりで素晴らしいクラブをつくり続けています。

人気地クラブメーカー(2)ロマロ・東京都西多摩郡

ロマロのクラブヘッドの中でも最も性能が高いと言われるのは、FWとUTです。

他社がドライバーやアイアンの開発でしのぎを削る中、比較的競争が緩やかなFWとUTの開発に力を入れて、その結果、特出した高性能のヘッドを生み出すことに成功しました。

ロマロ社が製造しているRayシリーズは、FW、UTの完成形とも言える性能で、大ヒット商品となっています。

中でも、FWタイプRは、鍛造チタンを用いた贅沢なカップフェースとソール後方に使用されたタングステンの効果で、球を易しく上げて飛ばせる、「飛ぶFW」の決定版ともいえる1品です。

人気地クラブメーカー(3)ジャスティック・大阪府大阪市

大阪のクラブメーカー・ジャスティックは、地クラブと呼ぶには余りにも多くのゴルファーから支持される存在です。

「ゴルファーの感性に素直に応えるクラブ」を目指し、安心感、性能、普遍性など、当然のことを真面目に追求する姿勢で、プロ・アマ問わず満足できるクラブを製作しています。

代表的な製品はプロシードシリーズ。トップアマから高く評価されるシリーズです。

強烈な打感と弾きに加え、独特の硬派なデザインが特徴のディープフェースが、強弾道の実現を可能にしています。

いかがでしたか。

ご紹介した3つの地クラブメーカーは、特に人気を集める代表的なメーカーですが、これ以外にも、高い評価を得ている地クラブメーカーはたくさんあります。

ぜひこれを機会に色々な地クラブメーカーに目を向けてみてください!

☆「地クラブ」に関する記事あわせ読み☆

お気に入り
meison

アスリートを夢見るアベレージ100のゴルファーです。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG