スコアアップのためにラウンドで気を付けること②/相模野CC(愛川4-6H)

https://www.instagram.com/p/Bl9RhV3HtwF/?hl=ja&taken-by=shinaeahn

ゴルフコース・練習場

スコアアップのためにラウンドで気を付けること②/相模野CC(愛川4-6H)

0

ホームコースである「相模野カントリー倶楽部」のコースレイアウトをもとにポイントチェックをご紹介しています。

「相模野カントリー倶楽部」は、比較的広く気持ちの良いコースですが、バンカーや樹木が障害となりボールの落としどころを考えていかないとなかなかパーの取れないコースです。

普段のショットにおける確認事項を踏まえてご紹介いたします。

<愛川4番ホール >手前の池とセンターの樹木が鍵

4番ホールは、右に大きな池、グリーン前のセンターには枝ぶりの良いブロッコリーのような樹木があります。

※このブロッコリーのような大きな樹木、「相模野カントリー倶楽部」には多くある名物樹木の障害物です。

【ティーショットのクラブ選択】
キャリーで180ヤード必要な池越えを狙うならもちろんドライバーですが、ナイスショット(240ヤード)すると、このブロッコリーの樹木の根元に行く可能性があります。

池を狙わず、左のフェアウェイを狙うなら、樹木が干渉してこない200ヤード程になる3番ユーティリティですが、池に入らないように慎重にショットをする必要があり迷いどころです。

やっぱり2打目を考えながらティーショットをするということはスコアメイクには重要なようです。

<愛川5番ホール >クリークのある打ち下ろしホール

「相模野CC」のショートホールってなんでこんなにどこもひとクセあって難易度が高いんでしょうか!?

こちらショートホール画像…。

打ち下ろしでクリークと池のみならずバンカーも効いている難解ホール。

「相模野CC」のショートホールはグリーンオンより障害物に入らないことを狙っていくことの多い、ニアピンの取りにくいゴルフ場です。

安全を狙ってグリーンとグリーンの間、165ヤードを狙っていきましょう。

<愛川6番ホール >長い打ち上げのロングホールはしっかり距離を稼ごう!

打ち上げの長いロングホール(パー5)!

画像でわかるかと思いますが、500ヤード超えの打ち上げであるのにレディースティがほぼ同じという、タフな相模野CCのコース設定・・・。

とにかくダフったり、打ち損ねたり、特に右の1ぺナゾーンに入って行かないように気を付けることが大切です。

【長いロングホールの攻略ポイント】
1.とにかく1打目と2打目は正確なショットを心がける。

2.2打目の左足上がりは、力が入ってスカッと打ち損ねのミスショットが出る可能性が高いので、マン振りせずに正確なショットを目指しましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

スコアアップのためにラウンドで気を付けること②/相模野CC(愛川4-6H)

カートに追加されました。


×