パッティングの成否はラインの読みとフェースの向きだ!

お気に入り
パッティングは、ラインを読めるのと読めないのとではスコアに大きな差が生じます。

しかし、ラインが読めてもその通りに打ち出せなければ意味がありません。

そこでここでは、ライン読みを身につける方法と、読んだとおりのラインに打ち出すために必要なことをご紹介します。

カップインの音は左耳で聞く!

カップインの音は左耳で聞く!

getty

パッティングでミスをしてしまう原因のひとつに、結果を焦って顔を上げてしまうというものがあります。

ルックアップと呼ばれるミスです。

重要なのは入れようとする気持ちではなく、思い描いたラインに乗せることです。

グリーンは常にキレイに整備されている訳ではなく、デコボコや芝目があったりするので、ラインの読みが外れる場合もあります。

ですから、パットをラインに乗せることを集中するためには、打った直後に頭を上げないように、カップインの音を左耳で聞くくらいのつもりでパッティングするといいでしょう(右打ちの場合)。

重要なのは、ラインの読みの精度を高めることと、自分の描いたラインに正確にパッティングすることです。

この2つがかみ合えば、パット数が激減します!

パッティングはフェースの向きで決まる

パッティングはフェースの向きで決まる

Flickr

パッティングではフェースの向きがとても重要です。

特にショートパットでは、パッティングの成功・失敗はフェースの向きで変わると考えても過言ではありません。

まずは、パッティングで乗せたいラインにフェースが向いているかどうかを、何度も何度も練習してみましょう。

細かいことは一切考えずにフェースの向きに集中してみましょう。

ある程度思った通りのラインに乗せることができるようになれば、後はラインの読み方です。

グリーンによって状況がまったく異なるので、いろいろな場所で練習してみましょう。

同じ練習グリーンでもいろいろな場所のラインを実際に読んでみて、それから実際に打ってみる経験を積み重ねることで、ライン読みの精度を高めていってください。

トッププロも大事にしているのはフェースの向き

トッププロも大事にしているのはフェースの向き

getty

パッティングの名手は大勢いますが、名手中の名手として、世界的にも有名なフィル・ミケルソンという選手がパッティングについてこう語っていました。

「正しいストロークとラインの読み方を身に付けることは確かに素晴らしい。しかし、それに固執してしまっては大事なことを忘れてしまいます。いくら完璧なストロークでも、インパクトでフェースがスクエアでなければ、狙ったラインに乗せることはできません」

彼も一番大切なのはパターのフェース向きだと言っています。

目線を下ろしてラインを読んでみよう

目線を下ろしてラインを読んでみよう

getty

パッティングのラインの読み方の基本は、できるだけ目線を低くして地面スレスレから見ることです。

これは多くのプレーヤーが行っているので真似て実践している人も多いかとは思いますが、とても効果的な方法なので読み方で悩んでいる人は一度試してみてください。

中には地面に這いつくばるような姿勢で見ている人もいますが、たとえそこまでしなくても、しゃがんでみるだけで立ったまま見るのとでは全然見え方が違うことがわかると思います。

もうひとつは、グリーンに上がる前に、グリーン全体の形状を把握することです。

これは、花道などからグリーンに上がる前に、グリーン全体を見渡すことで、どこが高い、どこが低いということを理解しておくとラインが読みやすくなるのです。

グリーンにいったん上ってしまうと、錯覚によってスライスラインとフックラインを見間違えるなんてこともよくあります。

ですから、全体の傾斜とボールの位置によって、ラインを読む前から、だいたいのラインの見当をつけるクセをつけておくといいでしょう。


どれもカンタンにパット数を減らすことに役立つものばかりですので、次回のラウンドからぜひ実践してみてください。

カップへのラインが見え、その通りのパッティングができてカップインしたときの気持ちよさは格別ですよ!
お気に入り
aichan

名古屋在住の社会人ゴルファーです。 仕事柄全国各地でゴルフをすることが多いのでゴルフ場の情報などを伝えていけたらと思っています。 ゴルフファッションにもとても興味があります!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
ゴルフ5初心者バナー

カートに追加されました。


ゴルフ5初心者バナー