スコアを左右する「ショートパット」!その極意とは?

お気に入り
スコアを左右する、最終的な決め手となる「パッティング」。

特に「ショートパット」は、確実に決めておきたいところです。

「ショートパット」は、ただやみくもに練習をしても上手くはなりません。

「ショートパット」の極意を押さえ、効率的な練習を重ねましょう。

極意その1“短い距離で練習する”

極意その1“短い距離で練習する”

getty

まず試して欲しい極意が、「1メートルよりも、さらに短い距離でのパッティングから練習を始める」です。

パッティングにおいて大切なのは、「小さな成功体験」。

良いストロークをする感覚や、カップインする感覚をつかむのに、この練習方法は効果的です。

まずは確実に入れられる距離で練習をして、徐々にその距離を伸ばしていけば、自然とパッティングの感覚が身についてくることでしょう。

この方法は、パッティングでスランプに陥ってしまった時に、感覚を取り戻す練習としても効果的です。

極意その2“パターを短く持つ”

極意その2“パターを短く持つ”

getty

野球でよく言われる、「速い球には、バットを短く持って当てにいけ」という言葉。

ショートパット2番目の極意は、この言葉と同じ意味を持ちます。

そもそもパターは、その他のクラブに比べると、芯に当てやすく、ブレの少ないクラブです。

しかし、初心者にとっては、「それでも難しい!」と思う方も少なくないでしょう。

そして実は「パターなんて簡単」なんて思っている、ある程度の経験者ですら意外と芯を外して打っているのです。

そこで、実際にグリップを短く持って、さらにブレないようにしてパッティングするのです。

これに関しては、パターの長さもポイントとなります。

なので、購入の際には注意してみましょう。

極意その3“フェースを正しい向きに”

極意その3“フェースを正しい向きに”

getty

パッティング、特にショートパットは、「いかに真っすぐ打てるか」が重要なポイントです。

インパクトの瞬間に、フェースの向きが曲がっていれば、上手くボールは転がりません。

フェースの向きがバチっと決まっていれば、ボールはおのずと狙った方向へ転がっていくでしょう。

転がしたいラインを見極め、そのラインに対して可能な限り垂直にフェースを向け、芯でボールを打つ。

これを実現するためには、ボールに線を引いたりすることも効果的です。

ショートパットでは、このシンプルかつ効果的な極意が何より重要になってくるのです。

極意その4“ラインを見極める”

極意その4“ラインを見極める”

getty

最後は、もっとも難しいショートパットの極意です。

グリーン上は、一見何の変哲もない状態に見えますが、しゃがんで見てみると芝のうねりがあったり、カップ周りには多くのゴルファーに踏まれてできたドーナツ型の凹みがあったりします。

ロングパットでのラインの見極めよりも、ショートパットのそれは、はるかに重要です。

イメージとしては、「ホールに入れる」のではなく、「狙ったラインの上を転がす」といったほうがよいでしょう。


ドライバーやアイアンに比べると、屋内で練習しやすいため、その成果が比較的表れやすいショートパット。

ここで紹介した極意を駆使して練習に励めば、おのずとグリーン上での大事な1打を取りこぼすことも少なくなるでしょう。

こちらのショートパットの記事も参考になります

お気に入り
Fagio

学生時代からゴルフをやっているにもかかわらずエンジョイゴルファーのまま今に至ってます。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。