あなたはすでにチェック済み?2019年新しいゴルフ規則が施行 PART2
あなたはすでにチェック済み?2019年新しいゴルフ規則が施行 PART2
ゴルフ初心者

あなたはすでにチェック済み?2019年新しいゴルフ規則が施行 PART2

0

こんにちはゴルフコーチの宮下芳雄です。

みなさん、「2019年新しいゴルフ規則が施行 PART1」はご覧いただけましたか?

まだの方はぜひご覧くださいね!

今回もエンジョイゴルファーの皆さんにとって大切であろうゴルフ規則変更点を中心に紹介をしていきます。

2度打ちをしても罰がありません!

初級者ゴルファーだけでなく、プロや上級者ゴルファーでも2度打ちしてしまった経験のある方が多いことと思います。

不可抗力とはいえ2度打ちをしたときのショックは大きく、後々のプレイに影響するものです。

2019年の規則施行からは2度打ちの一打罰がなくなりました。

具体的にはそのストロークを一打としてカウントするだけで大丈夫になります。

打ったボールが自分に当たってもペナルティーはありません

打ったボールがプレイヤー自身に当たったり、または自分のキャディやゴルフバッグ、クラブに当たってしまってもペナルティーが付かなくなりました。

万が一、ボールが当たってしまった場合、ボールの止まっている場所から、そのままプレイをします。

とは言っても当たらないように十分に気を付けてプレイをしましょうね!

救済は自己判断でOK

これまではプレイ中に救済を受ける場合、その旨をマーカーに告げる必要がありました。

しかし2019年の規則施行では告げる必要がなくなります。

なお、暫定球をプレイする場合はこれまで通り「暫定球を打ちます」との宣言が必要です。

バンカー内のルースインペディメントを拾い上げることができます

バンカーショットをする際、ルースインペディメント(枝、木の葉、石など)を罰なしに拾い上げて取り除くことができるようになります。

バンカーは2ペナルティーでバンカー外にドロップが可能に!

規則施行によりバンカー内でアンプレアブルする際は2打の罰を加えることでボールとカップを結ぶ飛球線後方へドロップをすることが可能になりました。

バンカーショットを苦手にされているゴルファーにとっては、うれしい規則施行になるかもしれませんね!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

あなたはすでにチェック済み?2019年新しいゴルフ規則が施行 PART2

カートに追加されました。


×