ドライバーショット上達のコツは、「腕の脱力」「体重移動」「右手首」!
ゴルフスイング

ドライバーショット上達のコツは、「腕の脱力」「体重移動」「右手首」!

0

ドライバーは、クラブの中で最も遠くまでボールを飛ばせる、ゴルフの醍醐味の一つとも言えます。

ドライバーで上手に飛距離を伸ばしたいと考えている人は、いくつかのポイントを押さえることが重要です。

そこで今回はドライバーショットの上達の秘訣についてご紹介します。

ポイントは3つ!

①腕はリラックス

ドライバーで飛距離を出すためには、腕力だけに頼ってはいけません。

ゴルフスイングに最低限の腕力は必要ですが、それ以上に体の使い方がポイントになります。

ドライバーショットは下半身をしっかりと安定させるのが重要になるので、できる限り上半身はリラックスした状態でいることが大切と言えます。

②体重移動をうまく使う

初心者の中には間違った認識をしている人も少なくありませんが、遠くに飛ばしたい時こそ、スタンスを広くして、体重をインパクトに上手く伝えることが大事です。

よくインパクトの瞬間に飛び跳ねる方がいますが、できるかぎり地面にベタ足で、フィニッシュで左足に全体重を乗せられるようにしましょう。

また、体重移動というと体を左右にゆするような(スウェーといいます)スイングになる人がいます。

正しい体重移動は、体を右に捻って右足(右股関節)に乗り、切り返しから思い切り体を回転させてその結果左足(左股関節)に体重が移動するというものです。

右の股関節(太ももの内側)から左の股関節(太ももの内側)の間で体重が移動するものだと覚えておいてください。

③右手首の角度

せっかく正しい前傾姿勢でスイングができていても、手首や肘の使い方が間違っていては飛距離を伸ばすことはできません。

ボールを打ち終わるまで、右手首の角度をキープして右肘を一気に伸ばすのが正しいスイングの形です。

スイングの大まかな意識

ドライバーで飛距離を出すために重要なことの1つに、インパクトがあります。

インパクトがきれいに決まるとミスショットを減らせるだけでなく、飛距離も伸ばすことが可能です。

きれいに決めるためにおすすめとなるのが、「点ではなく線として」イメージをする方法になります。

これは別の言葉で表現すると、「インパクトゾーンを長くする」というもので、安定したスイングを手助けしてくれる打ち方です。

ドライバーはクラブの中で最も長いクラブなので、アイアンのように上から打ち込むようなスイングよりも、横からボールを払うように打つことで、良いインパクトが作れるのです。

同様に、ボールを打った後のフォローを長くすることを意識することも忘れてはいけません。

左に乗りながら腕を伸ばすことでスイングアーク(弧)を大きくすると、強い球が打てるはずです。

フィニッシュでキープ

ドライバーショットの上達の秘訣の1つとも言われるのが、フィニッシュポーズです。

ゴルフの初心者の中には、ショットのインパクトの瞬間までは気を使っているのに、打った後が雑になってしまう人も少なくありません。

一流のプロは、打った後のフィニッシュポーズにもこだわりを持ち、最後まで気を抜かないのが特徴です。

しかし、必ずしもプロのフィニッシュポーズを真似することはありません。

大切なのは、自分に合った正しいスイングを行って、打ち終わったらそのままの状態を数秒キープすることです。

ナイスショットの当たりのときは、バランスよくスイングできているはずなので、よろけたりしないはずです。

自分のフィニッシュポーズが正しくできているかを確認したい時は、誰かに動画などで撮影してもらうのがおすすめです。

もしフィニッシュポーズを取っている時に体がフラフラしてしまう場合は、筋力不足が考えられるので、背筋や腹筋などの体幹(コア)を鍛えることも大切です。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ドライバーショット上達のコツは、「腕の脱力」「体重移動」「右手首」!

カートに追加されました。


×