100切りを目指すならアイアンは意識して“先っぽ”で打ってみよう!

お気に入り
アイアンショットをフェース面のどこで打つかという問題です。

もちろん「真芯!!」と言いたいところですが、僕らみたいなアマチュアはなかなか真芯でとらえることが難しいですよね?

では100を切るためにはどこで打つことを意識するといいか解説していきます。

常にミスショットと向き合っていく

常にミスショットと向き合っていく

getty

ゴルフは常にミスショットと向き合っていく必要があります。

トッププロでも会心の当たりは1ラウンド中に3回あるかどうかという確率らしいです。

僕らアマチュアも同様に(もしくはそれ以上に)ラウンド中のほとんどがミスショットというわけですね!

そこで、どの程度までのミスであれば許容できるかを常に頭に入れておくことが、100を切るためのコツ!

100を切るためには少しでも前に進むことが重要なので、芯を外して打った場合(ミスショット)でも飛距離のロスを少なく抑えることができるか?

フェースのどの部分に当たっていればいいのかを見ていきましょう。

トルクという力を利用する

トルクという力を利用する

getty

トルクという言葉。聞き覚えありますか?

よく車のタイヤのネジを閉める時にトルクレンチを使います。

トルクとは捻じれを元に戻そうとする力のことを意味します。

シャフトは、しなり具合が注目されますが、アイアンやウッドに刺さっているシャフトにはトルクがあります。

ボールとフェースが当たった瞬間にシャフトが捻じれ、その捻じれを元に戻そうとする力が働きます!

捻じれを戻す力がボールの飛距離・つかまりに影響してきます。

ではどうしたらシャフトのねじれが大きくなり、トルクが働くか?

捻じれの支点(シャフト)から力の作用点(ボールの当たる位置)が遠いほど、シャフトのねじれが大きくなり、大きな力が作用します。

タイガー・ウッズも先っぽ打ち!?

タイガー・ウッズも先っぽ打ち!?

getty

あのタイガー・ウッズもアイアンの先側でボールをとらえるクセがあったと言われています。

アイアンショットはトルクを利用するために、中心よりも先側で打ちましょう!

常にフェースの先側で打つように意識して練習します。

根本に当たると、トルクが働かず、飛距離のロスが大きくなりますし、最悪の場合はシャンク!(汗)

常に中心から先側でボールを打つクセをつけておけば、飛距離ロスを小さく抑えることができますし、最悪のミスであるシャンクを回避することもできます。

100を切りを達成するために、アイアンショットは中心より先側でボールを打ち、少しでも前に進みましょう!

ぜひアイアン先っぽ打ちを意識して練習に励んでみてください!!
お気に入り
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。