「左手の意識」でスイングはシンプルになる!
ゴルフスイング

「左手の意識」でスイングはシンプルになる!

0

ゴルフスイングでは、リード役である左手の使い方が重要って聞いたことありませんか?(右利きゴルファーの場合)

右手はパワーを乗せるだけなので、スイングの安定は左手にかかっています。

左手の使い方とポイントをここで紹介していきますので、チェックしてみてください。

スイングに左手が重要なわけ

左手はスイングの時にはリード役となり、飛ぶ方向などに大きな影響を与えます。

エンジン役である右手のパワーを生かす意味においても、スイングを安定させる意味でも重要です。

特に右利きの方は、得意な右手に頼ってしまうために、オンプレーンの軌道から外れてしまう人が多く見受けられます。

ミスショットをしてしまう人は、左手の正しい使い方を学ぶことで、徐々に左右の手のバランスを取ることができるようになりスイングが安定します。

意識して左手を使うようにすると、右手と同じように使えるようになります。

始めは練習場で、右手を添えるだけにして振ってみて、左手の動きを把握することから始めると良いでしょう。

左手がどんな動きをしているのかが分かれば、左手だけでなく体の使い方が変わってきます。

正しい左手の使い方は?

ゴルフスイングの流れでそれぞれにポイントがありますので、順に挙げていきます。

【アドレスの時】
クラブは左手で左胸の前に持っていき、右手は添えるだけにして、自然と地面にクラブが落ちる位置で構えを作ります。

【テークバックの時】
特に左手を意識して左ひじを伸ばしながら、左脇を締めていることが大事です。左手を重視することで、オーバースイングになってしまうことを防いでくれます。

【ダウンスイングの時】
左ひじを体にひきつけるイメージを持つと、肩をしっかり回転させるスイングになります。

また、テークバックとトップで作られた左手の角度を一定に保つことで、「タメ」ができてダウンブローの強い球が打てます。

【インパクト】
左手が左胸の前でボールを打つことが大事です。アドレスで決めた位置にもう一度戻ってくるイメージを持ちましょう。

このように左手を上手く使えるとボールに正確に力を伝えることができます。

意識したいポイント

左手を上手に使ってスイングするためには、左手だけでもしっかりしたスイングをできるように意識することです。

腕だけで打たずに、体の回転を使ってスイングすると、左手だけでも十分にボールに力を伝えられます。

他に左手の使い方のポイントは、中指・薬指・小指だけを使って、人差し指と親指には力を入れないことです。

普段よく使う親指や人指し指に力を入れないようにすると、より意識して左手が使えます。

インパクトの後に手の甲を甲側に折らないように注意することも大事です。

体を回転させたまま、自然な流れで振り抜いてしまえば、無理に折ることがなくなります。

左手を意識して、リード役として使うことができれば、右手はそこに力を乗せるだけになります。

無駄な動きがなくなりシンプルに振れることが実感できると思いますよ。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

「左手の意識」でスイングはシンプルになる!

カートに追加されました。


×