ゴルフボールでリフティングをしてみよう!

お気に入り
よくプロゴルファーのSNSを見てみると、ゴルフボールでリフティングをしている様子を見かけることがあります。

一昔前タイガーウッズが出演していたCMを見て、練習した方も多いのではないでしょうか。

正直ゴルフの腕前が上がるかどうかは疑問ですが、なんとなくできたらかっこよさそう♪

そんな理由でリフティングを練習してみましたので紹介します!

使用クラブはウェッジで!

使用クラブはウェッジで!

getty

実際手にしてみると分かるんですが、ロフトが立っているクラブは正直ものすごくやりづらいんです。

というよりも腕や手のひらの筋肉がすぐに限界を迎えます。

なのでなるべくロフトが寝ているサンドウェッジ(55度~)以上のクラブを使用するようにしましょう。

そうしないと腕が持ちません。

さらに余計な力が入ってしまいますので、そうなると正確にクラブを動かすことが難しくなります。

ゴルフボールでリフティングをする、という目的なので男性でも軽くて扱いやすい女性用やジュニア用のクラブがあれば、そっちのほうが操作しやすいですよ。

クラブを持つ位置は?

クラブを持つ位置は?
普通にグリップを握ってリフティングをしてしまうと、やっぱり腕が疲れます。

なのでグリップを握ったら、前腕部分でグリップエンドを支えてあげるように持つと上手にバランスが取れてやりやすくなります。

そのためグリップの中ほどを手で握ってみるとちょうどいい長さになります。

握り方も大切です。

やっぱりゴルフスイングと違って、ものすごく細かい動きを要求されますので指の感覚が最重要。

そのため手のひらで握り込むのではなく、指で引っ掛けるようにしてクラブを握ってあげましょう。

これだけで操作性がグンと上がります。

慣れてきたら、長く持って地面に近いところでリフティングできるようになると、ボールをまたぐなどの複合トリックもやりやすくなります。

フェース面を変えずに上下させる動きが重要

とにかくリフティングではボールを真っすぐ上に上げることが重要になります。

ちゃんとボールが上がれば次も打ちやすくなりますので、何回も続けられるようになるんです。

そんなとき意識してほしいのはフェース面の角度です。

真下から真上に、肘を引っ張り上げるような動作をしてあげると、フェース面が安定して操作できますよ。

そしてその動きがやりやすいのは膝下あたりの高さです。

どうしても目の位置と近くしたいがために、腰の当たりで試みたくなるのですが、リラックスしてフェース面を上下させやすいのは膝下になります。

* 動画はゴルフクラブを使ったリフティングブームを巻き起こしたナイキのCMです

リフティングでもスイートスポットで捉えないと……

ショットと同じようにリフティングだってスイートスポットでとらえないと、ボールがまともに弾んでくれません。

ゴルフクラブっていう道具はどこまでも「しっかりとらえてあげること」が大切なようです……。

また、クラブのフェース面を大きく上下させてしまうと、当然ボールが暴れてしまい安定させることができなくなります。

コツはボールのたわみ、フェースの反発を感じながら小さくフェースを動かして上げることです。

もちろんスイートスポットでとらえてくださいね。

そして練習を続けていると、リフティングですらシャンクが出ることに衝撃を覚えました……。


*画像は石川遼くんのリフティング! 最後がおちゃめ(笑)動画はここから↓

まとめ

ゴルフの腕前とリフティングが直結するかどうかはちょっと疑問が残るところです。

が、ポジティブに考えて

・ボールとの距離感
・フェースタッチの感覚を養う
・自分の意のままにボールとクラブを操る

という訓練ができている、ということにもつながる……のかな。

あ、そうそう。

あとはリフティングでもボールの打感がまったく違うんですよ!

けれど、これができるようになってもどこで披露すればいいんだろう。


*こちらは二刀流! すご過ぎる(・・; 再生はこちら↓
お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。