アプローチの基本!チップショットとピッチショットをマスターしよう!

getty

アプローチの基本!チップショットとピッチショットをマスターしよう!

ゴルフ初心者にとって、優先して練習していただきたいのがアプローチやパターといったショートゲームです。

それは、スコアに直結する部分なのに、ついつい練習をおろそかにしてしまいやすいからです。

今回は、ショートゲームの中でもアプローチに注目しましょう。

基礎をきちんと把握し、適切な練習方法で上達していきましょう。

方向と飛距離の正確性が重要です

初心者の場合、遠くにボールを飛ばすことに意識を向けがちですが、アプローチで重要なことは、狙った方向に必要な距離を打つことです。

そのため、ドライバーなどで飛距離を出すのとは違った打ち方をすることになるので、クラブの構え方や握り方が変わり、体の使い方も変わってきます。

アプローチにも種類があります

一言にアプローチと言っても、カップまでの距離が短いものもあれば、長いものもあります。

しかし、初心者が最初に学ぶべきものはカップまでの距離が短い、チップショットやピッチショットです。

チップショットとは、最初からボールを転がしてカップに近づけるアプローチのことで、ランニングアプローチとも言われます。

アプローチショットでは一番ミスが少ないものになりますが、ボールを転がせる状況に限られてきます。

ピッチショットは反対に、ボールを上げてグリーンに乗せるものです。

前方にラフやバンカーなどの障害物がある場合に、有効なアプローチ方法です。

チップショットの打ち方

アプローチでチップショットを行う場合、打ち方は基本的にパターとほぼ同じになります。

パターの打ち方は、手首や腕の力を使わずに肩の回転を利用して打つことが大事です。

また、ボールを転がすことが目的なので、クラブを大きく振る必要がありません。

なので、両足の幅は普段より狭くし、確実にヒットすることが大切です。

まっすぐ転がるイメージで打つこともとても重要ですが、距離を合わせるための強さ加減がそれ以上に重要となります。

強さの調整は経験が必要です。しっかり練習しましょう。

ウェッジではなく、ロフトの立っているアイアンを使って距離を合わせるのも良策です。

ピッチショットの打ち方

グリーン近くからのアプローチで、もうひとつ覚えないとならないのがピッチショットです。

ピッチショットもチップショットと同じように、スタンス幅は肩幅よりも狭くします。

グリップは短く持ち、クラブをよりコントロールしやすくします。

ミスが多い場合には、持ち方を変えてみましょう。

初心者のうちは、ひざからひざの振り幅だとこのくらいの高さと距離、腰から腰の振り幅だとこのくらいの高さでこのくらいの飛距離、といった具合に、振り幅によるボールの飛び方を覚えることが大切です。

練習時間をしっかり取りましょう。

初心者のうちはどうしても、ショットの練習ばかりになってしまいがちです。

練習場に行った際には、できたら半分、少なくとも3分の1はアプローチ練習にあててみましょう。

目に見えて結果に現れてきますよ。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×