【アプローチの基本】肩のラインの意識をしてみよう!

お気に入り
アプローチが苦手、という人は初心者はもちろん中級者にも多いです。

アプローチの基本は肩のラインです。

肩のラインをしっかりと意識することでアプローチの軌道が安定しますが、肩のラインがずれているとショットは安定しません。

アプローチの上達に欠かせない、肩のラインについて解説します。

アプローチの時は肩のラインを平行に

アプローチの時は肩のラインを平行に

getty

アプローチの時に気を付けなければいけないのは、目標のラインに肩のラインを平行にすることです。

平行にすることによって、パッティングと同じようにスッと振り抜けるためショットが安定するのです。

構えた時の状態で振り抜く、振り子のような形で打つよう意識するとよいでしょう。

シャフトは左腕と一直線にするように意識してください。

この構えを常にできるようになれば、アプローチショットが安定してくるでしょう。

肩のラインは常に平行に。

アプローチはパッティングと同じスイング

アプローチはパッティングと同じスイング

getty

アプローチとパッティングは別ものと考える人もいますが、ショットのフォームなどはアプローチもパッティングも同じと考えて構いません。

アプローチもパッティングも目標までの距離が離れ過ぎていないため、肩のラインを目標と平行にすることによってゴルフボールをまっすぐ飛ばすことができ、ショットが安定するのです。

肩のライン、身体の軸、肩の動きの3つを意識して打つことがアプローチショットの基本です。

苦手な人は練習してみてください。

なぜ、肩のラインを意識する必要があるのか?

なぜ、肩のラインを意識する必要があるのか?

getty

なぜ、アプローチショットで肩のラインを意識しなければいけないのでしょうか。

肩のラインを目標のラインに平行にした状態でスタンスだけオープンに構えると、下半身と上半身が捻じれるようにショットを打ちます。

その状態で左足に重心を移動させるとスムーズにアプローチショットを打つことができます。

オープンに構えるとグリップや手首で詰まる心配もないので、アプローチショットが安定し、まっすぐに飛んでいき、フィニッシュが取れるのです。

大事なのは、スタンスはオープンでもOKだけど、肩のラインはあくまでも平行、ということです。

アプローチの時の注意点

アプローチの時の注意点

getty

アプローチショットの時に、肩のラインは目標ラインと平行にしますが、その際に体の軸を安定させることも重要です。

スタンス幅は、打ちたい距離に合わせて調節します。

短い距離なら狭く、長い距離なら広く、です。

身体の軸はしっかりと固定をして、無理にターゲット方向へ振ろうとしないことも重要です。

無理に振るとショットが乱れます。

飛ばす必要がないので、身体の回転だけでボールを運ぶような感覚で打ちましょう。


アプローチショットは初心者の多くが苦手かもしれません。

まずは肩のラインを意識することでショットの軌道を安定させ、アプローチを上達させましょう!
お気に入り
タイガーマスク

タイガーを見てゴルフを始めました。趣味は中古クラブ屋巡りと、米ツアーを見ることです。

このライターについてもっと見る >
フォーティーン RM4 20200916-1016

カートに追加されました。