グリップにあるバックラインとは?メリットデメリットと使い分け

https://www.nikigolf.jp/product/ProductDetail.aspx?hincd=494363

ゴルフクラブ

グリップにあるバックラインとは?メリットデメリットと使い分け

0

ゴルフクラブにある「バックライン」ってご存知ですか?

名前を聞いたことがある人もそうでない人にもわかっていただけるように、バッククラインのメリットとデメリットをご紹介します!

クラブのグリップにある「バックライン」とは

ゴルフクラブにはグリップにバックラインと呼ばれる突起があるものがあります。

バックラインがあることによってグリップが楕円のような形になり、常に同じポジションで握ることができるようになります。

常に同じポジションでグリップができるようになるため、初心者の方がゴルフを覚える時には最適なグリップといえるでしょう。

また、初心者でなくても楕円のグリップが握りやすいという方にもおすすめです。

クラブによってバックラインの有無を選ぶ人も多いため、バックラインのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

バックラインのメリット

ゴルフクラブのバックラインのメリットは、やはり目印になるため常に同じところを握れることです。

ゴルフは、体からクラブまで力をしなやかに伝える必要があるため、グリップの握り方も常に同じでないと、スコアアップは望めません。

それに対し、バックラインがあることで常に同じショットが打てるようになります。

また、スライスやフックをかける時にバックラインを少し右や左に寄せて打つなどの目印としても重宝されています。

バックラインのデメリット

ゴルフクラブのグリップのバックラインがないほうが良い時もあります。

フェードボールやドローボールを打つためにフェースを開く場合があります。その際、バックラインが邪魔になったりフェースが開きにくいということもあります。

また、アプローチやバンカーショットなどフェースを開いて球の高低を調整する方にもバックラインなしの方が良いと思います。

バックラインの使い分けと値段

一般的に、
・ドライバー
・3番スプーン
・5番クリーク
・7番ウッド
この4つは、バックライン付きのグリップを使うほうが良いと言われています。

これらのゴルフクラブを使う時は、常に同じ握りでショットを打つ必要があるためです。
ただ、最近ではライやロフトを調整できるタイプのクラブが増えており、こまめに調整する人はバックラインがないほうが違和感なくグリップできます。

それ以外のゴルフクラブについてはその人の使いやすいものを使うとよいでしょう。

バックラインのあるものとないものでの値段の差はほとんどないため、使いやすさを重視して購入することをお勧めします。

いかがでしたか?
ゴルフクラブのグリップひとつにしてもショットや飛距離に大きな影響を与えてしまうのです。

まずは基本をマスターしてから、バックラインをどうするか検討するとよいでしょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

グリップにあるバックラインとは?メリットデメリットと使い分け

カートに追加されました。


×