グリップにあるバックラインとは?メリットデメリットと使い分け

お気に入り
ゴルフクラブにある「バックライン」ってご存知ですか?

名前を聞いたことがある人もそうでない人にもわかっていただけるように、バッククラインのメリットとデメリットをご紹介します!

クラブのグリップにある「バックライン」とは

ゴルフクラブにはグリップにバックラインと呼ばれる突起があるものがあります。

バックラインがあるグリップには、グリップの下端に突起があります。その突起がグリップするときにガイドの役割を果たすので、常に同じポジションで握ることができるようになります。

常に同じポジションでグリップができるようになるため、初心者の方がゴルフを覚える時には最適なグリップといえるでしょう。

また、初心者でなくてもバックラインのあるグリップが握りやすいという方にもおすすめです。

クラブによってバックラインの有無を選ぶ人も多いため、バックラインのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

バックラインのメリットを考えてみよう!

バックラインのメリットを考えてみよう!

getty

ゴルフクラブのバックラインのメリットは、やはり目印になるため常に同じところを握れることです。

ゴルフは、体からクラブまで力をしなやかに伝える必要があるため、グリップの握り方も常に同じでないと、スコアアップは望めません。

そのためバックラインがあることで、常に同じ場所で握ることができ、ショットが安定しやすくなります。

またスライスやフックをかける時に、バックラインを少し右や左に寄せて打つなどの目印としても重宝します。

バックラインのメリットとは? クラブのフェース向きが揃う

バックラインのメリットとは? クラブのフェース向きが揃う

getty

バックラインのメリットは、バックラインがついていることで握る位置が一定になることです。知らず知らずのうちにグリップの位置がずれてしまうことがなくなります。

このグリップのズレは上級者でもたびたび見られるもので、「なんだか調子がおかしいな?」と感じていたら、グリップがずれていたというケースも珍しくありません。

握る位置が一定になりますので、フェースの向きがインパクトで揃いやすくなるというメリットがあるのです。

バックラインがない場合、スイングが崩れてフェース面の向きが揃わないのか、それともグリップする位置ががずれているのか、まずそこを見極めなければいけません。

これがバックラインがある大きなメリットと言えるでしょう。

バックラインのメリットとは? フェースの向きを意識しやすい

バックラインのメリットとは? フェースの向きを意識しやすい

amazon

ゴルファーがフェースの向きを確認するとき、フェースを合わせてからグリップを決めている人が多いでしょう。

そこは自分の感覚しかないのですが、バックラインが入っているとバックラインの位置でフェースの向きを感じ取れるようになります。フェースの向きを意識しやすくなるんですね。

感覚のズレが方向性に直結してしまうゴルフですが、感覚だけに頼らず道具の力を借りてもいいんです。

バックラインがあるだけで、フェース向きを意識しやすいのならば積極的にバックラインありのグリップを使っても良さそうですね。

バックラインのメリットとは? 感覚が変わらない

バックラインのメリットとは? 感覚が変わらない
バックラインがあれば、絶えず変わっていく感覚を一定に保てるようになります。これはもちろんバックラインがグリップのガイド代わりになっているからです。

知らない間にグリップが変わってしまう人はプロでも少なくありません。

なかでも多いのが、どんどんフックグリップになってしまう人です。感覚では同じように握っているつもりでも、知らない間に感覚にずれが出てきてしまうのです。

知らない間にフックグリップの度合いが強くなってきてしまう人は、引っ掛けが増え始めたタイミングで気がつくのです。しかしバックラインがあれば、ついフックグリップに傾いてしまうのを事前に防げるのです。

バックラインのデメリットを見てみよう

バックラインのデメリットを見てみよう
ゴルフクラブのグリップでは、バックラインがないほうが良いときもあります。

フェードボールやドローボールを打つためにフェースを開いたり閉じたりして使う場合があります。その際、バックラインが邪魔になって、フェースの開閉がしにくいという場合もあります。

また、アプローチやバンカーショットなどで、フェースを開いて球の高低や距離を調整する方は、バックラインなしのほうが良いでしょう。

バックラインのデメリットとは? でっぱりが邪魔をする?

バックラインのデメリットとは? でっぱりが邪魔をする?

getty

バックラインのメリットでは、バックラインのでっぱりが同じグリップをするために必要な特徴でしたが、この出っ張りが邪魔をするショットもあります。

ボールを右に置いてフェースをかぶせて打つ、フェースを開いてカットに打つ、などボールを操作するときにはフェースの開閉は欠かせない技術の一つです。

しかしこうしたフェースの開閉をすると、通常のショットと同じグリップをしていてはいけません。グリップをずらす必要があるんです。

ボールを曲げたり、高さを調節して打つためにはフェースを開閉させなければいけませんが、このフェースの開閉にグリップのバックラインが邪魔になってしまうのです。

気にせずグリップできる人もいるようですが、いつもあるべき位置からバックラインの“出っ張り”がずれていると、なんだか気持ち悪さを感じるという人にはバックラインありのグリップは向いていないでしょう。

バックラインのデメリットとは? グリップ交換でずれる?

バックラインのデメリットとは? グリップ交換でずれる?

getty

バックラインのデメリットは、グリップ交換でズレが出てしまう可能性があるところです。

もちろんほぼ同じにはできます。しかし人間の目と手なので、バックラインをまったく同じ場所に合わせられるかというと疑問符がついてしまいます。しかも、たくさんあるクラブすべてを合わせなければならないので、ちょっと大変ですよね。

グリップ交換をお願いした人の感覚によるものなので、ほんの少しだけズレてしまう可能性もあるんです。

機械で精密測定をしながらグリップ交換ができればいいんですが、それはなかなか難しいですからね。

バックラインありグリップの値段はどれくらい?

バックラインありグリップの値段はどれくらい?

getty

バックラインがあってもなくてもグリップの値段は変わりません。お値打ちなグリップであれば500円前後から販売されています。

バックラインがあるから高い、安い、というものではありませんのでご安心ください。

バックラインの使い分けとは?

バックラインの使い分けとは?

getty

一般的にどんなクラブがバックラインがあったほうがいいのか、またバックラインがないほうがいいのか、を見ていきたいと思います。

ショットのときにフェースの開閉操作があるかないか、で判断ができそうです。

ドライバーにはバックラインがあったほうがいい?

ドライバーにはバックラインがあったほうがいい?

getty

まずドライバーを見てみましょう。

ドライバーは、フェースを開いたり閉じたりして使いません。しかもセットアップでズレがあるとボールの行方にも大きな影響が及びます。

そのためバックラインがあるグリップで、常に一定のグリップができたほうがいいと考えられます。

少しのズレが大きなスコア浪費につながってしまうドライバーは、グリップを一定にするためにもバックラインがあったほうがいいでしょう。

フェアウェイウッドにはバックラインがあったほうがいい?

フェアウェイウッドにはバックラインがあったほうがいい?

getty

続いてフェアウェイウッドはいかがでしょうか。

フェアウェイウッドもフェースを開閉させて打つことはあまりありません。ドライバーと同じように同じグリップをして、一定の方向性を保っていきたいクラブです。

また地面から打てるもっとも長い距離が出るクラブのフェアウェイウッド。こちらもグリップが一定になっていたほうが方向性が安定すると言えそうですね。

ユーティリティにはバックラインがあったほうがいい?

ユーティリティにはバックラインがあったほうがいい?

getty

ユーティリティにもバックラインはあったほうがいいでしょう。

クラブの形状はウッド寄り(中にはアイアンタイプもありますが)です。しかもフェースを開閉させて打つ機会はあまりありません。

アイアンよりもやさしく打てて、安定感があるクラブなので、あえてボールを操作してショットの難易度を上げるような真似はしないでしょう。

ドローやフェードを打ち分けることはあるかもしれませんが、極端なフェース開閉が必要なショットではありません。

真っすぐ構えて真っすぐ打つ、というユーティリティもバックラインありのグリップをおすすめします。

アイアンにはバックラインがあったほうがいい?

アイアンにはバックラインがあったほうがいい?

getty

アイアンは、ドライバーやフェアウェイウッドと違い、ボールを操作したい場面が多いのではないでしょうか。

パンチショットをしたり、高さが欲しいときにはロフトを増やして打ったりもしますよね。

こんなときにはフェースを開閉させてグリップしますので、バックラインが少々邪魔になります。

ボールを操作する機会が多いアイアンは、バックラインがないほうがいろいろな場面に対応したショットが打ちやすいと言えるでしょう。

ウェッジにはバックラインがあったほうがいい?

ウェッジにはバックラインがあったほうがいい?

getty

ウェッジもアイアンと同様バックラインがあると、ショットの邪魔になる場面が増えてきます。

特にウェッジはバンカーショットでフェースを開いたり、チップショットで転がして攻めたりと、アイアン以上にフェースの開閉が多いクラブです。

ウェッジにはバックラインがないグリップをおすすめしたいと思います。

ショットでもバックラインがお助け?

ショットでもバックラインがお助け?

getty

さて、クラブごとにバックラインがあったほうがいいのか、ないほうがいいのかを見てきました。

実は他にもバックラインがショットを助けてくれる場面もあるのです。

もしかしたらゴルフの悩みによっては、バックラインを入れたほうがいい結果となるかもしれません。

つかまったボールが打ちたいならばバックラインを左に

つかまったボールが打ちたいならばバックラインを左に
バックラインがあるグリップでは、左手の小指、薬指、中指の第二関節にバックラインを当てていると思います。

そこでグリップエンド側から見たときに、バックラインの位置を左にずらしてみましょう。

するとフェースかぶってきますよね。バックラインを左にずらしてあげると、インパクトでフェースが戻ってきてつかまりやすくなる効果が期待できます。

普段からボールが右に出てしまって、飛距離が出ない、スライスが止まらない、という人はグリップのバックラインでお悩みを解決できる可能性もありますよ。

引っ掛けを解消したいならばバックラインを右に

引っ掛けを解消したいならばバックラインを右に
逆にバックラインを右にずらすとフェースがどんどん開いていきます。

そのためもともと引っ掛け気味の人や、叩きに行くと高確率でボールが左に飛んでしまう人はバックラインでフェースをオープンにしてあげるのもいいでしょう。

チーピンや引っ掛けに悩む人は、バックラインをほんの少しだけ右にずらしてあげると、症状が治まってくれるかもしれません。

グリップをバックラインありに交換してみよう!

グリップをバックラインありに交換してみよう!
もしバックライン入りのグリップに興味が湧いてきた方がいれば、ぜひ自分でグリップ交換をしてみましょう。

グリップ交換はそこまで難しいものではなく、道具さえ揃えれば誰でも簡単にできるカスタムなので手順を覚えておいて損はありませんよ。

グリップ交換に必要な道具とは?

グリップ交換に必要な道具とは?
まずグリップ交換に必要な道具を用意してみましょう。

・溶剤(灯油などでも可能)
・グリップ
・両面テープ
・グリップカッターやはさみなど

これだけです。

どれもゴルフショップで販売されているものですし、グリップ以外は自宅にもしかしたらあるかもしれませんね。

ただちょっと注意が必要なものもありますので、交換の手順を説明しながら合わせて見ていきましょう。

グリップ交換の仕方:グリップを外そう

ついているグリップをまず外していきます。

専用のカッターもありますが、正直普通のはさみでなんら問題はありません。グリップの端を持ち上げながら、はさみで少しずつ開いていきます。

半分ほどまで切り開いたら、後は靴下を脱ぐように引っ張るだけで簡単に外れます。

グリップ交換の仕方:グリップテープをきれいにはがそう

グリップを外したら、次に残ったグリップテープをきれいにはがしましょう。

指でこすりながら少しずつはがしていけば大丈夫です。

ここでものすごくグリップが古いものや、ゴルフ用ではない両面テープを使っていた場合、両面テープがシャフトからなかなか取れません。

そんな場合は、溶剤やシールはがし材などをかけて接着剤を溶かしたり、ドライヤーなどで温めると、きれいに取れます。

根気強くはがしていきましょう。

グリップ交換の仕方:両面テープを巻こう

グリップ交換の仕方:両面テープを巻こう
続いて両面テープをグリップに貼っていきます。

グリップを合わせて、両面テープの巻き始めを確認します。両面テープはらせん巻きと縦巻きがあります。

しかも好みによって両面テープを幾重にも重ねて巻く人もいます。ここはそれぞれのお好みの太さを見つけてみてください。

両面テープの巻き方:らせん巻き

両面テープの巻き方:らせん巻き
両面テープの巻き方でらせん巻きを紹介します。

文字通りらせん状に巻いていく巻き方です。

巻き始めはシャフトのヘッド側から始めます。両面テープの端を斜めにカットしておくと、両面テープの収まりがよくなりますのでおすすめです。
文字通りらせん状にグリップに巻いていき……
巻き終わりは少し長めにとって、シャフトの穴をふさぐようにしましょう。

両面テープの巻き方:縦巻き

両面テープの巻き方:縦巻き
続いて縦巻きです。

縦巻きは縦に両面テープを伸ばして反対側まで戻してくるだけです。こちらの方が簡単に両面テープが巻けます。

縦に1回両面テープを付けていくと、シャフトに両面テープがついていない隙間ができます。

その隙間をもう1回縦に両面テープを巻いて、両面テープがついていない部分をなくすように2回巻くのがコツですね。

シャフトの穴を両面テープで塞ごう

シャフトの穴を両面テープで塞ごう

getty

らせん巻き、縦巻きともにシャフトの穴は必ず塞ぐようにしましょう。

グリップエンドには小さな空気抜きの穴が開いています。ここから雨などが侵入してしまうと、スチールシャフトの場合、サビや劣化などの原因となってしまうからです。

グリップは簡単に交換ができますが、シャフト交換ともなると個人ではなかなか難しいですからね。

少し話は逸れますが、パターのグリップエンドにプラスチック製のマーカーを刺している方はいませんか?

本来グリップエンドの穴は、マーカーを収納する場所ではありません。そこでマーカーを刺すと、シャフトの穴を塞いでいる両面テープに穴が開いてしまうんです。

そこから水や砂が侵入して、シャフト内部にサビが……なんて方も案外多いんですよ。

なので、パターのグリップエンドにマーカーを刺すことは強くお勧めできません。

おすすめはゴルフグリップ用の両面テープ

おすすめはゴルフグリップ用の両面テープ

getty

両面テープは先ほども申し上げたとおり、ゴルフ用のグリップテープが無難です。ただ接着力に問題があるわけではありません。

接着力に関しては、ホームセンターなどで販売されている両面テープで大丈夫です。ただグリップの交換などをしようと思ったとき、非常にはがれにくい商品もあります。

こすってもなかなか取れませんし、溶剤で拭いても粘着面がこびりついてしまってお手上げ状態になってしまうケースもあります。

グリップ交換の仕方:溶剤をグリップに入れて押し込む!

両面テープが巻けたら、いよいよグリップを差し込んでいきます。

その前に溶剤をグリップの中に吹きます。このとき2秒から3秒くらいスプレーしましょう。

注意点はグリップエンドに空いた穴を指で押さえながらスプレーを噴射すること。そしてグリップの口も指で塞いで、中の溶剤が全体に行きわたるように振ります。

これを何度か繰り返してグリップの中全体に溶剤を行きわたらせましょう。

できたらグリップの口を上に向けて指を離します。グリップエンドを抑えている指は離しちゃダメですよ。

グリップに入っている溶剤は、グリップテープの部分にかけちゃいます。

自分の手もベタベタになってしまうのですが、そのまま両面テープについた溶剤を手で広げてしまいましょう(皮膚の弱い方は手袋などを使用してください)。

その後、(動画では省略されていますが)両面テープ部に溶剤のスプレーをたっぷりとかけましょう。ここでケチってしまうとグリップがスムーズに入らず、グリップを1本無駄にしてしまうことにもなりかねません。

これでグリップを差し込む準備はOKです。

あとはグリップのバックラインの位置を確認しながら、一気に押し込んでいきます。

溶剤で手が汚れている状態だと滑って非常にやりにくいのですが、溶剤が乾いてしまう前に手早くグリップを入れましょう。

このときグリップエンドを手のひらで押し込もうとすると、上手く入っていきません。

グリップエンドに空いている穴は、グリップを差し込むときの空気穴ですからね。空気穴を避けて押し込んでいきましょう。

グリップ交換の仕方:バックラインの位置を調節

グリップ交換の仕方:バックラインの位置を調節

getty

グリップを最後まで押し込んだら、あとはバックラインの位置を調整します。

グリップが入ってしまえば、溶剤はしばらく大丈夫です。この間にバックラインの位置をしっかり合わせてあげましょう。

バックラインなしのグリップはさほどシビアに考えなくてもいいかもしれません。しかしバックラインがあると、クラブによってバックラインの位置が変わってしまうのは避けなければいけません。

一晩置けばグリップ交換完成!

一晩置けばグリップ交換完成!

getty

溶剤が乾くまでは2~3時間程度とも言われていますが、気温など周囲の環境に左右されます。

そのため一晩を目安においておけば大丈夫です。

これでグリップ交換の出来上がりです。そこまで難しい工程はありませんでしたよね。意外と簡単でしょ?

グリップ選びバックラインあり? なし? フィーリングで

グリップ選びバックラインあり? なし? フィーリングで

getty

いかがでしたか?

グリップにバックラインがあるのとないのとでは、ショットや飛距離に大きな影響を与えてしまうものです。

最終的にはバックラインのあり、なしは自分のフィーリングだけが頼りになります。どちらが勝っている、というわけでもありません。

バックラインのメリットとデメリットを正しく理解して、バックラインをどうするか検討すると良いでしょう。
お気に入り
eccooo

アマチュア競技にちょこちょこ参加している、なんちゃって競技ゴルファーです。

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオセリーグコラボボール200715-0801
ゴルフ5大処分市200701-0801

カートに追加されました。


ゴルフ5大処分市200701-0801