テーラーメイド SIM2 ドライバー試打レビュー!!

Gridgeをお楽しみの皆さん、こんにちは!! TPIトレーナー&JPDAドラコンプロのYanagiです。

2021年のテーラーメイド新作ドライバーは、SIM2、SIM2 MAX、SIM2 MAX-Dの3種がラインアップされましたが、みなさんはすでにチェックしてきましたか?

クラブを買い替えるだけで飛距離が抜群に伸びる訳じゃないとわかっていながらも、新作はどうしても気になってしまいますよね!

私は最近「Krank Golf」のドライバーを購入したにもかかわらず、やはり試打する欲求は抑えられませんでした……。

ようやくSIM2を試打してきましたので、早速レビューしたいと思います!

「SIM」→「SIM2」変化点1~移動式ウェイトの廃止~

まずは、「SIM」→「SIM2」で技術的に変わった点から確認していきましょう!

M5→SIM→SIM2となるにつれて、移動式ウェイトの数が減ってきました。

SIM2では、上下に移動するウェイトも廃止され、フェースのすぐ後ろに配置された「スプリットマスウェイト」と呼ばれる固定ウェイトが搭載される形になっています。

SIM2のスプリットマスウェイトには「HIGH MOI LOW SPIN」と表記されていますから、ウェイトの位置で重心深度を変え、スピン量を調整しているのだと思います。

重心深度をフェース側に寄せることでバックスピン量を減少させて、初速アップ&吹き上がらない特性を生んでいるのでしょう。

SIM2 MAX、SIM2 MAX-Dと比較すると、SIM2はハードヒッターモデルだと言えますね。

SIM2では慣性モーメントとスピン量の相反する要素を、このウェイトの配置を工夫することで両方からメリットを享受できる設計になっています。

キャロウェイの新作、エピック MAX LS ドライバーと同様に、SIM2シリーズではスピン量を抑えつつ、慣性モーメントを大きくすることに成功しているのです。

「SIM」→「SIM2」変化点2~アルミ素材を採用~

一見、ただのデザインのように見えるソール後方にあるブルーの部分。ここには「フォージドアルミニウム」と表記があります。

SIM2ではチタンよりも比重の軽いアルミニウムを用いることで、さらなる軽量化を図り、SIM以上に余剰重量を生み出しています。

そしてクラブ後方に「イナーシャジェネレーター」として16グラムのウェイトを配置しています。

これによりSIM以上の高慣性モーメントを実現し、スプリットマスウェイトをフェースの後ろに搭載することで、低スピンの強弾道を生み出しています。

試打したモデルのスペック

能書きはこれくらいにして、試打レビューに移りましょう!

今回の試打シャフトは「Tour AD HD-6(S)」を選びました!

※エピック MAX LSとも比較したかったので……

純正シャフトよりやや重く、トルクも少なめなシャフトなので、遠慮なくブッ叩けます!

クラブ重量は315グラム、バランスはD3.5なので、ドラコン振りをするにはちょっと重くてバランスも出ているという感じです。

Tour AD HD-6(S)のトルクは3.1なのですが、それほどハードに感じさせない、いいシャフトだと思います。

試打結果は?

試打結果は?
■構えた印象■
ソール部分に丸み(厚み)が増えたためか、構えた印象はSIMよりディープな感じに見えて好印象でした。

SIM2のように、スピン量を減らして球を上げ過ぎたくない人には、いい変化点だと思います。

■スイング中の音■
またSIMのようにスイング中の「ヒョー」っとなる音もそれほど気にはなりませんでした。

この辺りの変化には、いろいろな選手からのフィードバックがあったのかもしれませんね。

■打感・インパクト音■
打感はSIMやM5などと大きく変わった印象はありません。これはインパクトの音がそれほど変わらないという点も影響していると思います。

いつものテーラーメイドが好きという人は問題ないと思います。

※ピンがG410からG425になった時は、打音が大きく変わって、好き嫌いが分かれましたよね……

■試打データ■
ややヒール目にヒットしましたが、一番当たりがよかったデータを掲載しました!

M5→SIMでは大きな変化を感じませんでしたが、SIM→SIM2ではバックスピン量が抑えられ、非常にいいデータが出ました。

通常なら、この位置でインパクトするとバックスピン量は2500回転を超えることが多いのですが、1800回転程度と非常に低スピンです。

適正なバックスピン量はヘッドスピードによって変わってきますが、ヘッドスピードが速いと物理的にバックスピン量が増える傾向になります。

そのため、ハードヒッターと呼ばれる人たちは低スピンモデルを探してさまようのですが、量販モデルでこれほどの数字が出るのは少し珍しいなと思います!

3種類ラインアップすることで、尖ったスペックを作れたのかなという感じです。

ただヘッドの特性としてはつかまりにくく、ややフェード気味になりました。

この辺りはシャフトとの相性もあると思いますが、絶対左に行かせたくない人には最高のクラブですし、ビッグドローで飛ばしたいという人には少し手ごわいクラブかもしれませんね。

SIM2 ドライバーへの買い替えをおすすめする人は

・SIMでもバックスピン量が多かった
・左には絶対行かせたくない
・低中弾道が好き
・ディープヘッドが好き

なタイプですね!

難しめのクラブなので万人向けではありませんが、ヘッドスピードが速くスピン量を減らしたい人はチェックしてみてください!

YouTube、Twitterやブログでもゴルフ中心に発信しています(`・∀・´)

フォロー&コメントお待ちしてます!!
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721