ハーフショットをラウンドで使えたらスコアが良くなること間違いなし!?

お気に入り
皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

初心者や100切りを目指している皆さんにとって、スコアを良くするのに大事なのはドライバーショットですか? それともパッティングでしょうか?

それらももちろん大事ですが、案外肝となるのはアプローチショットなんですよね。

特にスコアにこだわりたいという皆さんは、フルショットばかりを練習せずに、アプローチの距離感を作るような練習をしたほうが絶対にイイですよ。

この機会にぜひハーフショットを練習に取り入れてみませんか?。

そもそもハーフショットってどういうもの?

そもそもハーフショットってどういうもの?

getty

ハーフショットというのは、右腰から左腰、時計をイメージすると9時の位置から3時の位置までの振り幅で打つショットになります(右打ちの場合)。

読んで字のごとくフルショットの約半分の振り幅ってことですね。

このハーフショットは100ヤード以内のアプローチにおいて非常に効果的なショットになります。

例えば、フルショットで100ヤードくらいの飛距離のウェッジでハーフショットを打てば、だいたい飛距離は60~70ヤードくらいになります。

個人差はもちろんありますが、30~100ヤードくらいの地点からグリーンを狙うような場合、フルショットでスイングしていたら距離が合わずに、オーバーしちゃいますよね。

そんな時にハーフスイングのショットができれば、距離を調整できるわけです。

ただしハーフショットとはいっても、フルショットの半分の飛距離とはならないことが多いので注意が必要になります(ハーフショットでしっかり当たれば、ウェッジであればだいたい一般的にフルショットの6~7割くらいは飛ぶと思います)。

ですので、まずはアプローチウェッジあたりのハーフショットでどのくらいの飛距離が出るのかを把握しておくといいでしょう(サンドウェッジはクラブの構造上、ザックリのミスなどになりやすいのでお勧めしません)。

ひとつのクラブでハーフショットの飛距離がつかめれば、あとはグリップを短く握る、クラブを持ち替えることで同じ振り幅(ハーフスイング)である程度の距離(10~15ヤード刻みくらい)で飛距離を打ち分けられると思います。

ハーフショットを打つ時のポイントとは?

ハーフショットを打つ時のポイントとは?

getty

このように、アプローチの幅が広がるハーフショットですが、これが意外と難しかったりするんですよね。

ということで、ここからはハーフショットを上手く打つためのポイントをご紹介していきます。

まずはじめに意識してほしいのは、フォローまでしっかり振り抜くということです。

ハーフショットでミスが起きてしまいやすい一番の原因はスイングの緩みなんですよね。

ハーフショットは飛距離を抑えるショットですので、ダウンスイングからインパクトでヘッドスピードが減速しやすい(これをスイングが緩むと言います)わけで、ダフリとトップ両方のミスに直結するんです。

飛距離は振り幅やグリップを握る長さで十分に落ちますから、ダウンスイング以降はバックスイングよりやや加速するくらいのつもりでフォローまで振り抜くようにしましょう。

次に注意したいのは手打ちにならないようにすること。

飛距離を出したくないのでついつい手を使ってスイングを調整してしまうんですよね。

ですから手打ちにならないように下半身主導、腕と身体を一体化させるつもりで身体の回転のみクラブを動かすくらいのイメージでスイングしましょう。

またゴルフのスイングに欠かせないのが前傾姿勢の維持ですが、これはハーフショットの時も同じです。

ただアプローチの場合、特にグリップを短く持って打つ場合は、かなり意識していないと前傾姿勢が崩れてしまいがちです。

腰や膝の角度が変わらないように意識しながら打つ、ボールとつま先の距離をやや近づけて打つなどすると前傾姿勢が維持しやすくなるでしょう。

地味な練習の先に光が射すはずです!

地味な練習の先に光が射すはずです!

getty

ハーフショットを覚えることで、アプローチなどの微妙な飛距離の調整ができるようになります。

パーオンでグリーンをとらえられないアマチュアゴルファーの場合、ハーフショットを上手く使うことができれば、大きなミスを減らすことができるでしょう。

今回はアプローチの場面をクローズアップしましたが、ミドルアイアンやウッドなどで応用すれば、風に負けない低い弾道のボールを打てたりしますからね(もちろん距離感を間違えないようにしなければなりませんが)。

ハーフショットの練習はすごく地味なので、最初のうちはついついドライバーを打ちたくなるかもしれません。

しかしゴルフ上達のためには欠かせない練習だと思って取り組むようにしてください。

ハーフショットはすべてのショットの基本とも言えますし、実際に多くのプロゴルファーもハーフショットの練習にかなり時間を割いているのも事実です。

ハーフショット打てるようになれば、フルショットも良くなると思いますよ!

次回の練習から早速取り入れるようにしてみてくださいね!

といったところで今回はこのへんで。

それでは、また!
お気に入り
Z-STAR 210203-210303

TOPページへ >

TOPページへ >

Z-STAR 210203-210303