ディープフェース、シャローフェースのメリット・デメリットとは?

お気に入り
ドライバーのフェースの形状は、大きく分けてディープフェースとシャローフェースの2種類があります。

ざっくり言うと、厚みがあるのがディープフェース、薄いのがシャローフェースです。

それでは、それぞれのフェースのメリット・デメリットはどのような点なのでしょうか。

どちらの形状がどのような人に向くのかも併せてご紹介します。

ディープ? シャロー?

ドライバーのヘッド体積は、460cc以下とルールで決められています。

その460cc以下という限られた大きさを、ヘッドの高さで使っているか、奥行きで使っているかで、自ずとフェースの厚みも変わってきます。

高さで使うことで、フェースの厚みがあるタイプをディープフェース、奥行きで使うことでフェースが薄くなっているタイプをシャローフェースと呼んでいます。

ディープフェースの特徴

ディープフェースの特徴

getty

ディープフェースはフェースに高さがあるので、その分重心が高く、奥行きがない分浅重心となります。

メリットとしては、高重心なのですが、フェースの厚みがあるので、重心より高いエリアでヒットしやすくなります。

その結果、低スピンの弾道が打ちやすくなります(フェース面上の重心点より上で打つと、ボールのスピン量は少なくなります)。

ただし、重心が浅い分、ボールを上げにくいので、ディープフェースのクラブで低スピン高弾道のボールを打とうとすると、ある程度のヘッドスピードとパワーが必要となるので、一般的にはパワーヒッター向けと言われています。

シャローフェースの特徴

シャローフェースの特徴

getty

一方、シャローフェースは、ヘッド後方に奥行きがある分、深重心となり、ボールを上げやすくなります。

加えてフェースが薄いので、自然と重心付近でボールをヒットすることとなり、オートマチックに最適なスピン量と高さで打っていきやすくなるので、一般的にはやさしいクラブと言われています。

いかがでしたか?

前述の通り、一般的にはディープフェースは難しく、シャローフェースはやさしいというイメージが定着しています。

メーカー側も、ディープフェースのヘッドには重くて固いシャフト、シャローフェースのヘッドには、柔らかくて軽量のシャフトをつけていることが多いですね。

ドライバーを選ぶ時は、ヘッドの特徴だけでなくシャフトや重量などをトータルで考えて選ぶことをオススメします。
お気に入り
Fagio

学生時代からゴルフをやっているにもかかわらずエンジョイゴルファーのまま今に至ってます。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。