【ディープフェースorシャローフェース】本当に自分にあったドライバーの選び方

お気に入り
あなたは普段どんなドライバーを選んでいますか?

初心者だからシャロー?
店員におすすめされた初心者用?

「初心者にはシャローフェースのドライバーがいい」なんてよく言われていますが、実際のところはどうなんでしょうか?

それぞれのドライバーの特性から、形状やその違いなどをおさらいしてみましょう!

ディープとかシャローってどこを見ればいいの?

ディープとかシャローってどこを見ればいいの?
ドライバーのフェースと呼ばれる「ゴルフボールが当たる面」のことを指しています。

ディープ:フェースに高さがあり、横幅が短め
シャロー:フェースに高さがなく、横幅が長め
という違いがあります。

重心がシャローフェースのほうが低い位置にあって、その重心よりも上でボールを捉えることができればボールは上がりやすいという理屈なんです。

やや重心の位置が高めになるディープフェースが「ボールが上がりにくい」と言われるのはそういった理由だったんですね。

ですから初心者にはシャローフェースのドライバーをおすすめされるケースが多いんです。

ドライバーのインパクトエリアを知っておこう!

ドライバーのインパクトエリアを知っておこう!

getty

ドライバーを打つときに、フェースのどこでボールを捉えていますか?

ただ漠然とショットを繰り返すだけでなく、少し掘り下げて見てみましょう。

ちょうどフェースのど真ん中、ここがインパクト位置の下限です。そしてフェースの一番上、ここがインパクト位置の上限です。

すると上下のインパクトエリアはディープは広く、シャローは狭くなっています。

対して、フェースの横幅に違いがあるので、左右はディープが狭く、シャローは広くなっています。

ただ、上下の幅が狭いシャローですが、それだけ重心の近くでボールをとらえることができるということで、結果打ちやすさにつながっています。

シャローフェースのドライバーの特徴は?

・重心が低い
・重心近くでボールを打つことになるので打ちやすい
・インパクトエリアが左右に広い
という特徴があります。

重心が低いというメリットからボールがあがりやすく、初心者に向いている要因のひとつになっています。

しかし初心者用かと言えばそうではなく、ボールをとらえる場所が左右にブレる人ほどシャローは向いています。

ですのでプロや上級者でもシャローフェースが合う人もいますので、固定観念にとらわれないことが大切です。

ディープフェースのドライバーの特徴は?

・重心が高い
・インパクトエリアが上下に広い
という特徴があります。

重心が高いと、重心よりも下でボールをとらえることが出てきてしまいます。するとボールが上がらず飛距離が出ません。

こうしてみるとデメリットが多いように思えますが、ディープフェース最大の特徴「インパクトエリアが上下に広い」という部分。

これは裏を返せば、ボールをとらえる場所が上下にブレる人はこちらが向いているんです。

初心者でもインパクトが左右のブレが少なく、上下にブレるタイプの人はディープフェースのドライバーのほうが易しく感じるんですね。

いかがでしたか?

シャローフェース、ディープフェースともにプレイヤーによって合うタイプが変わります。

誰かに借りてみたり、試打をしてみたりして自分に合う1本を探してみましょう。
お気に入り
Fagio

学生時代からゴルフをやっているにもかかわらずエンジョイゴルファーのまま今に至ってます。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。