スイングを「ゆっくり」の意識!・その1~さらなる上達を目指すvol.2

お気に入り
ゴルフスイングは悩みとの戦いです!

スコアが良い時もあれば、自分ではまったく納得できない時もあります。

そして、スイングやプレーなど様々なことを考え試しながら、さらなる上達を目指すことになります。

今回はスイングの形ではなく、スイングのスピードに着目して、いろいろ試しながらより良いショットを目指します!

今回はその1回目です。さあ、どんなことが得られるのか、ご覧ください!

スイングのスピードについて考えますが、飛ばすためのヘッドスピードではありません!

スイングのスピードについて考えますが、飛ばすためのヘッドスピードではありません!

getty

ゴルフスイングのスピードというと、ヘッドスピードのことと思われがちですが、今回取り上げるのは、バックスイングのスピードと同じ、ダウンスイングのスピードのことです!

ゴルフスイングでは、バックスイングはゆっくり始動したほうがミスを防ぐことができます。ラウンドしていると、ミスショットした人が「早い!」と叫んでいるのを聞いたことがありませんか?

このミスショットした時の「早い!」という言葉は、特に小さなショットであるウェッジなどで、良く聞かれる言葉だと思います。

私も経験がありますが、バックスイングのスタートが早い時は、ミスする割合が高いと感じます。

普段、練習場で周りを見ていると、人それぞれスタートのスピードは異なりますが、ゆっくりと始動している人は上手いなぁと感じ、さらに良い球を打っているとことが多いと思います。

ビギナーやそれに近い人は、やはりバックスイングのスタートが早くなっているケースが多いと感じます。

バックスイングはゆっくり始動! と言われますが……

バックスイングはゆっくり始動! と言われますが……

getty

それではまず、バックスイングをゆっくり始動ということを実践していきたいと考えますが、これがなかなか難しいことです。

それは、ゴルフのスイングは人それぞれに身についたものであり、簡単にこのタイミングを変えることができないからです!

スイングは一連の動作です。「ゆっくりとしたスイング」と見えるゴルファーは、長年のスイング作りの中で作り上げた、その人独特のものなのです。

ですから、ゆっくりとしたバックスイングは、練習の積み重ねでしか会得できないと思います。

簡単に練習場でゆっくりとしたバックスイングで打とうとしても、今度は全体のタイミングが合わなくなります。そこで重要なのが、ダウンスイングのスピードだと思います。

タイミングが合わなくなると説明しましたが、バックスイングを本当にゆっくりとしたのに、ダウンスイングが早かったら、これもまたミスショットにつながります。

バックスイングが早いなぁという時は、ダウンスイングも早くなっていることが多いのです!

これがまたミスショットの原因になります!

バックスイングだけゆっくりで、ダウンスイングが早かったら、どのような結果になるでしょうか?

バックスイングだけゆっくりで、ダウンスイングが早かったら、どのような結果になるでしょうか?

getty

バックスイングがゆっくりでも、ダウンスイングが早くなること、これは言い換えれば切り返しのタイミングが、早くなっているということです。

皆さんは、ゴルフスイングにおける「間抜け!」という言葉を聞いたことがありますか? この「間抜け」とは、切り返しの間がないことを指しています。

バックスイングでトップまでヘッドが上がったら、切り返しの瞬間に一瞬の間ができます。この間が極めて大事だと思うのですが、打ち急いでいる時には、この「間」がありません。これが、様々なミスを引き起こします。

せっかく、ゆっくりとしたバックスイングでスタートしたのに、切り返しが早くなり、ダウンスイングが早くなったら、何にもなりません。

私は、ゴルフスイングでの理想は、バックスイングとダウンスイングが同じスピードになることだと思います。

もちろん、切り返し後、腰を回転させながら、ダウンスイングではクラブヘッドが走っていきますので、同じスピードになることはありません。

しかし、意識としてのことですが、このバックスイングとダウンスイングのスピードを同じようにすることが、大きなミスを防ぎ、クラブヘッドがボールにコンタクトできて、ミート率も高くなると思っています。

バックスイングと同じように、「ダウンスイングもゆっくり」というのは切り返しのタイミングだと思います!

バックスイングと同じように、「ダウンスイングもゆっくり」というのは切り返しのタイミングだと思います!

getty

これまで見てきたように、バックスイングと同じスピードで、ダウンスイングで振っていくことを意識としてできるようにしたいものです。

ゴルフでは、ヘッドスピードの速さが飛ばしにつながると言われています。でも、ヘッドスピードが決して速くない女子プロが、豪快にドライバーで飛ばすことができるのは、ミート率が高いからでしょう!

これは、アマチュアは見習わないといけないことです。

そして、ミート率の高さを実現するための秘訣が、このゆっくりとしたバックスイング、そしてゆっくりとしたダウンスイングにあるのです。切り返しがゆっくりしていれば、ダウンスイングは、ゆっくりしたものにできます。

しかし、前にも言った通り、頭の中では「ゆっくり」がわかっていても、このスイングを実践することは難しく、繰り返し練習するしかありません。

まずは、素振りからゆっくりとスイングしましょう! これを繰り返して、ボールを打ってみますが、いざボールを前にすると、早くなってしまうものです。

そこで、この「ゆっくり」を身に付けるために、どのように練習するか? を次回の2回目でご紹介します。

ご期待ください!
お気に入り
PAR RUSH 01

サラリーマンゴルファーの「Par Rush」です。 ゴルフは何年やっても、上手くいかないことが多い! それを克服しようと、考えて練習する、でもまた上手くいかない!また、考えて練習する、これの繰り返しです、だから飽きないんです! 数多いラウンドの中から得たこと、おもしろいネタをお伝えしていきます。 「PAR RUSH」 は10周年を越えたゴルフサークルです。サークルメンバーの特製ネームタッグです。 https://parrush.hatenablog.com/

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。