ゴルフスイングの基本はコレ!前傾姿勢を維持するのが重要!

お気に入り

ゴルフスイングで必要とされる要素のひとつに前傾姿勢があります。

しかし、前傾姿勢は人間にとって不自然な体勢であり、そのフォームを維持したままスイングをすることは困難で、慣れないうちはフォームが崩れてしまいがちです。

ここでは、理想的な前傾姿勢を保ったままスイングするコツをご紹介したいと思います。

前傾角が崩れるとどうなる?

前傾角が崩れるとどうなる?

getty

スイングの際、前傾角が崩れるとスイング軌道が上下に乱れ、インパクトの位置がずれてしまいます。

その結果、トップ(ボールの上側を叩いてしまうミスショット)やダフリ(ボール手前の地面を叩いてしまうミスショット)につながってしまうのです。

またボールの芯を正確にとらえられないので、飛距離も出ません。

前傾角のキープが未熟だと、ボールが右へ曲がってしまうスライスや左へ曲がってしまうフックも誘発されてしまいます。

真っすぐの弾道を生み出すためにも、前傾角は重要となります。

おんぶのイメージと腰の高さ

前傾姿勢を作るときには、誰かをおんぶするイメージを持ちましょう。

自然と膝が曲がり、前屈みになるはずです。

注意しなければならないのは、腰の位置が下がり過ぎることです。

上半身の前傾角を安定させるためには、腰の高さを安定させる必要があります。

ゴルフ仲間にベルトの腰側をつまみ上げてもらいながら素振りすることで、腰の高さを保ったままのスイング感覚を養えます。

またズボンのベルトのバックルがボールの方向を向くように意識することで、適切な前傾角をキープできます。

頭の位置と重心の位置

スイングでクラブを振り上げるときに、前傾姿勢は崩れやすくなります。

体を捻ろうと意識することで頭が後ろ側に傾き、体全体も後ろに傾いてしまうのです。

前傾角を維持するために、頭の位置を固定しましょう。

頭の位置を安定させるコツは、重心です。

スイングの際に体重をかかと側に乗せていると重心が後ろに崩れ、頭の位置と前傾姿勢が乱れます。

それを防ぐために、スイング時は体重をつま先側に乗せましょう。

重心が前に傾くことで頭の位置が安定し、前傾角が崩れにくくなります。

また腹筋と背筋に力を入れておくと、前傾姿勢でのスイングが維持しやすくなります。

前傾角キープのトレーニング方法

前傾角をキープするために、一人でもできるトレーニング方法をご紹介します。

まず、クラブを持たずに壁を背にして立ちましょう。

そしてお尻を壁につけたままシャドースイングを行ってください。

テークバックのときはお尻の右側が、切り返しの後はお尻の左側が壁につくようにします。

壁を背にすることで姿勢が後ろに傾かず、前傾角を維持できます。

またお尻を壁につけることで腰の位置が安定し、自然なスイングができるようになります。

フォームの乱れに悩んでいる方は、前傾角をキープするコツを実践し、壁にお尻をつけたシャドースイングを練習に取り入れてみてください。

他のライターさんが書いた前傾角に関するおすすめ記事

お気に入り
ゴルゴル

ゴルフ好きです。 クラブハンデは5です。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。