なぜ上級者ほどパッティングを重要視するのか?

お気に入り

先日、シングルハンディの方に「どうすれば平均的にスコアが良くなるか」と質問しました。

しかも「今の自分の技術レベルのままで」という前置きをして。ショットの技術はすぐに向上するものではないので(笑)。

答えは簡単なものでした。

「パットの練習せえ」

これまで何度も他の上級者から聞いた答えと一緒です。

私の場合、この答えだけ聞いても、パット練習へのモチベーションが継続しません。

これまでも、パットの練習はすぐに飽きてしまい続きませんでした。

上達が分かりづらいから継続できないのでしょうね~。

私はついでに理由を聞きました。

「なんでドライバーやアイアンのショットより、パットを上達させるべきなのですか?」

その方「パットしか回数減らされへんやん」

私「……は?」

意味不明だったので、さらに質問し、懇切丁寧に教えていただきました。

その結果、パッティングの上達を一番の優先事項にすることに決めました。パットを上達させない限り、上級者になれそうにありません。

今回は、私がシングルハンディの方から教わった「パッティングを上達させるべき理由」について書きます。

スコアの内訳を理解する

スコアの内訳を理解する

getty

「パットしか回数が減らせない」ことの意味を説明します。

たとえば1ラウンドあたりのショットは、少なくとも36回、必ずしなければなりません。

内訳は次のとおりです。

■ティーショット×18回(ミドルホール×10ホール、ロングホール×4ホール、ショートホール×4)

■セカンドショット×14回(ミドルホール×10ホール、ロングホール×4ホール)

■サードショット×4回(ロングホール×4ホール)

これに、アプローチとパットを足したものがスコアになります。

たとえば目標を85だとすると、36回のショットに加え、アプローチとパットを49回で済ませれば良いわけです。

全ホール2パットでカップインできれば(36パット)、アプローチは13回できます(49-36=13)。

ということは、13ホールはボギーオンで良く、85で上がるには、次のような内容で良いことになります。

・ボギーオン×13ホール
・パーオン×5ホール
・2パット×18ホール(全ホール)

13のホールでボギーオンが許されるなら、できそうな気がしませんか?

OBさえ打たなければ、ボギーオンは難しいことではありません。そこそこのショットができれば、スコア85は難しくないのではないでしょうか。

また、アプローチがピンに寄れば、1パットで上がれるホールもあるかもしれません。そうすれば、80台前半のスコアが見えてきます。

このように、ショットは最低36回は打たなければなりませんが、アプローチとパットの回数は減らすことができます。

「パットしか回数減らされへんやん」というのは、こういう意味だったのです。

こういうことを理解しているから、上級者はパッティングやアプローチの練習に時間を費やすのだそうです。

それを理解していない我々が、長いクラブの練習をするのでしょうね……。

プロだってパーオン率は6〜7割

プロだってパーオン率は6〜7割

getty

男子ツアープロでも、いつもパーオンしているわけではありません。

次のデータは、日本ゴルフツアー機構が公開している2019年ツアーのパーオン率です。


今平 周吾=72.04
石川 遼 =65.56
池田 勇太=63.81
浅地 洋佑=62.54
谷口 徹 =57.03
https://www.jgto.org/pc/TourGreensInRegulation.do?year=2019&tournaKbnCd=0


ついでに、USPGAツアーのデータも調べてみました。

ジャスティン・トーマス=70.68
ブルックス・ケプカ  =69.97
松山 英樹      =69.38
ダスティン・ジョンソン=66.98
フィル・ミケルソン  =64.17
https://www.pgatour.com/content/pgatour/stats/stat.103.y2019.eoff.t060.html


ツアープロのパーオン率でも6〜7割、1ラウンドで5〜8ホールはパーオンしていないのです。

意外に少ないな〜! と、思われませんか?

もちろん、ツアープロが使用するティーグラウンドは、アマチュアよりもはるか後方で、難易度がまったく異なりますが。

このデータを見て、思いました。

シングルハンディでもないアマチュアが、毎ホールでパーオンをできるわけがない。それならば、ボギーオンでOKというホールをプレー前から決めておいても良いのではないでしょうか。

たとえば○○ヤード以上の距離が残ったときは直接グリーンを狙わない、とか。

そんなゴルフができれば、グリーン左右のガードバンカーにつかまって大叩きする確率も少なくなり、平均スコアの底上げになるかもしれません。

お気に入り
ふぃりっぷ

サラリーマンゴルファーのふぃりっぷです。 ゴルフ歴は12年、ベストスコアは79(2019年)です。 私が試して効果のあった練習法、道具、またゴルフ本の書評等を書いていきます。 よろしくお願いいたします。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。