アプローチのミスを減らす最も重要なワンポイントは何?

getty

アプローチのミスを減らす最も重要なワンポイントは何?

お気に入り

ゴルフのスコアメイクには、50ヤード以内のショートゲーム(アプローチショットとパッティング)の精度がモノすごく重要です。

しかし、アプローチが苦手という初心者ゴルファー、アベレージゴルファーは多いと思います。

アプローチの苦手意識を払拭し、寄せワンをたぐりよせるために、最も重要なワンポイントをお教えします。

アプローチはスコアメイクの要

アプローチはスコアメイクの要

getty

ティーショット、セカンドショットがいい感じでグリーンの近くまで来たものの、そこから4打、5打叩いて、上がってみればトリプルボギーなんてことは、アベレージゴルファーには日常茶飯事。

グリーンエッジまで5ヤード、ピンまで20ヤードのアプローチでチャックリやってカラーにも届かない、トップしてグリーンを通過、またまたトップで“往復ビンタ”……。

これらを繰り返していては、スコアはまとまりませんよね。

特にショートアプローチは、とにかく1打でグリーンに乗せたいものです。

最もメンタルが出るのがアプローチ

最もメンタルが出るのがアプローチ

getty

しかし「乗せたい!」「寄せたい!」そんな思いがミスを呼びます。

そして何度かミスを繰り返すうちに、すっかり苦手意識が脳にすり込まれ、ウェッジを構えただけでまともに当たる気がしないという心理状態に陥ることになります。

特にこれから向かう冬場のゴルフでは、グリーン周りの芝が薄くなって夏場よりもミスが起こりやすくなり、苦手意識が芽生えるきっかけになりますので、注意が必要です。

実は私も2年くらい前の冬場に、ショートアプローチがまったく上手くいかなくなり、いわゆる「アプローチ・イップス」になってしまったことがありました。

アプローチ・イップスから一発で脱出したある方法

アプローチ・イップスから一発で脱出したある方法

getty

そのときは近所の打ちっ放し練習場に行って、とにかくキャリー30ヤード以内のアプローチショットの練習に時間を費やしていましたが、マットの上でさえダフリとトップを繰り返し、とにかく上手くいきません。

どうにもこうにもラチがあかなくなったとき、あるふとした行動によって、目の前がパァッと明るくなり、一発でイップスからの脱出に成功したのです。

その時やったのは「今までよりかなりゆっくり振る」でした。

キャリー30ヤードくらいのアプローチですから、9時~3時くらいのハーフスイングです。

テークバックをとにかくゆっくりにし、上げた速さと同じくらいゆっくりした速さのイメージで、クラブヘッドを下ろして、ボールにコンタクトさせてみたところ、ボールはきれいな弧を描いて30ヤード先に飛んでいったのです。

その後、その練習を繰り返したところ、何度やってもボールはきれいな弧を描くようになり、やがてコースでも同じことができるようになりました。

「ゆっくり上げて、ゆっくり下ろす」たったこれだけで、アプローチ・イップスは消えたのです。

ダウンスイングで減速してはダメ

ダウンスイングで減速してはダメ

getty

「ゆっくり上げて、ゆっくり下ろす」と言っても、決してダウンスイングでスピードを緩めているわけではありません。

トップでの切り返し以降、クラブヘッドは加速しながらインパクトを迎えないときちんとボールをとらえることはできません。

しかし、アプローチでは大きな加速は必要なく、上げた速さと同じくらいのイメージで下ろしたくらいでちょうど良いということなのです。

一方で、大きく振り上げたクラブヘッドを、下ろし始めよりも減速しながらインパクトすると、たいていはフェースの芯にボールは当たりませんし、当たっても距離のコントロールができません。

では、距離の打ち分けはどうやって調節するのが最も簡単でしょうか?

距離感はスイング幅で調節する

距離感はスイング幅で調節する

getty

「ゆっくり上げて、ゆっくり下ろす」は変えずに、テークバックでクラブヘッドを上げる高さ、つまりスイングの幅によって距離を作っていくのが最も簡単な方法です。

同じクラブでも、ボールが飛ぶ距離はインパクト時のヘッドスピードで変わるわけですが、だからと言ってヘッドスピードを意識してスイングしなくても、小さいスイング幅よりも大きなスイング幅のほうがインパクトのヘッドスピードは自動的に速くなるものなのです。

したがって、「ゆっくり上げて、ゆっくり下ろす」同じリズムのスイングで、どれくらいのスイング幅だったらボールは何ヤード先に飛んで行って止まるのかを、頭と体で覚えることによって、アプローチの距離を打ち分けられるようになります。

そしてそんな距離感を作るには、キャリーだけでなくグリーン上でのランまで見られるシミュレーターでの練習が最適です。

アプローチを得意にすれば、スコアも一皮むける

アプローチを得意にすれば、スコアも一皮むける

getty

以上「アプローチのミスを減らす最も重要なワンポイント」は「ゆっくり上げて、ゆっくり下ろす」でした。

アプローチが得意になると、寄せワンが増えてスコアがまとまります。

アプローチを得意ショットにして、ベストスコアを更新しましょう!

お気に入り
アマゴルファーさる

申年生まれのアマゴルファー。これまで経験した年男は4回。 41歳でゴルフ場のメンバーシップを取得してからゴルフにはまり、100切り、90切りを経て、9年目にやっとベストスコアが70台に突入しました。当面の目標はシングルハンデ、将来の目標はエイジシュート。 隔週サラリーマンゴルファーがスコア70台に到達した経験を、これから100切り、90切りを目指す皆さんにお裾分けできたら幸いです。

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップH
GDOゴルフテック