ハンドファーストって何?そのメリットと注意点とは

お気に入り
ハンドファーストという言葉を聞いたことはありますか?

ゴルフ初心者の人はまずハンドファーストに構えて、と言われたりしますが、ハンドファーストって何?となってしまう人も多いのではないでしょうか。

ハンドファーストとはどんなことを言うのかしっかり把握して、ゴルフの練習に挑み、どんどん上達しちゃいましょう!

ハンドファーストってどんな状態のこと?

ハンドファーストとは、グリップをボールよりも左側で構えることです。

体重もやや左側にかけて構えます。

ゴルフの上達には、とにかく構え方が重要だとされていますので、このハンドファーストに構えるということは初心者だけではなくゴルフ上級者でも時々見直すくらいに重要なことです。

初心者のうちから正しいハンドファーストの構え方をマスターしておき、ボールがうまく飛ばないな、と感じたらその都度見直してみる必要があります。


上のインスタグラム動画は、ハンドファーストインパクトを確認してから素振りしています。

ハンドファーストのメリットとは?

ハンドファーストのメリットとは?

getty

ハンドファーストに構えることによるメリットとは、ボールを右側に置きますのでボールがヘッドにあたる瞬間が見やすいということです。

ゴルフボールがヘッドにあたる瞬間が見えていると上達が早くなるのですが、ゴルフプレイヤーのほとんどはヘッドにボールが当たる瞬間が見えていない、という人が多いようです。

あなたはどうでしょうか。

ハンドファーストの構え方をマスターすることで、今後の上達もかかってきますので、常に意識しながら構えることが大切ですね。

ハンドファーストをマスターする!その練習法とは

ハンドファーストをマスターする!その練習法とは

getty

ハンドファーストをマスターする練習法をご紹介します。

まず構えるときに、グリップエンドが左足の付け根あたりに来ているかどうか、またクラブフェースがボールの飛ぶ方向を向いているかどうかを確認します。

また、クラブフェースが打ちたい方向を差しているかも確認します。

手元だけを体の左側に移動すると、クラブフェースは開いて右側を向いてしまいがちですので、「フェースはまっすぐ、手元は左側」を意識します。

構えている時もインパクトの時もハンドファーストであることが望ましいです。

ハンドファーストができない状態だと、ボールが真っすぐ遠くに飛ばせないので、ゴルフを楽しくするためには必ず必要だと考えて練習してみましょう。

ハンドファーストをマスターするときの注意点

ゴルフ初心者の場合、ハンドファーストの構え方にとらわれ過ぎて力が入りすぎてしまったり、ボールが左に打ち出されてしまうなど問題点が出てきてしまいます。

特にボールを打つといつも左に行ってしまうという人は、あまりにもハンドファーストを意識しすぎている証拠ですので、自分のフォームを確認してみましょう。

ゴルフ初心者ではなくても、常に自分の構え方には意識して確認しつつ打つことで上達も早くなります。

ハンドファーストがマスターできれば正しいスイング軌道を作ることができ、ボールを力強くまっすぐに飛ばすことができます。

ボールが思ったように飛ばせるようになると、ゴルフは本当に面白いですよね。

今以上にゴルフを楽しみたい、という人はハンドファーストをマスターしてゴルフをさらに楽しんでくださいね!
お気に入り
golfman71

ゴルフ歴20年。自分が見たり読んだりしたレッスンを中心に紹介していきたいと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。