お洒落ゴルフ男子へ贈る~『ジャケットスタイル』について~

お気に入り
ゴルフは紳士淑女のスポーツですから、ゴルフ場への行き帰りの服装にも気をつけたいところです。

男子たるものジャケットスタイルでゴルフ場への行き帰りをスマートに行えるようになって、ようやく一人前のゴルファーです。

ここではゴルフ場への行き帰りをジャケットスタイルにするためのポイントや注意点を紹介します。

蒸し暑い期間は麻のジャケットがベスト

ゴルフはマナーを大切にするスポーツですが、ゴルフの世界にもクールビズが定着しつつあります。

わざわざ暑い日にジャケットスタイルでゴルフ場に向かう人はかなり少数派になっています。

それでもあえてジャケットスタイルにこだわって行き帰りをしたい。

そんな男子におすすめしたいジャケットが麻素材のジャケットです。

長時間太陽の光の下にいるのは難しいですが、車からクラブハウスまでの距離であれば、それほど暑さを感じることはないでしょう。

むしろ日差しから体を守るためにも積極的に取り入れたいスタイルになります。

行き帰りのジャケットスタイルはシンプルな方がいい

ゴルフ場の行き帰りはジャケットスタイルならなんでもいいというわけではありません。

ジャケットのデザインもできるだけ主張のない、それでいてしっかりと体にフィットしているジャケットが好ましいとされています。

できることなら、ゴルフ用のジャケットをオーダーメイドもしくはカスタムメイドなどで、自分の体型にしっかりあったものを選ぶようにしてください。

男子のジャケットスタイルは違和感がないことも重要になりますので、自分に合ったジャケットを普段から着用しておくとよいでしょう。

ジャケットスタイルのときはスラックスと革靴が基本

ゴルフ場の行き帰りはジャケットスタイルでというと、若い男子は「ジャケットさえ着ていればいい」と勝手に判断して、ジーンズのようなパンツを選ぶこともありますが・・・

ジャケットスタイルというのはパンツやシューズまで合わせてのスタイルになります。

最近はそこまで服装にはうるさくないゴルフ場も増えましたが、それでも一緒にラウンドする人の中には服装に厳格な人もいるかもしれません。

そういう人たちが不快に感じないようにするというのもゴルフのマナーです。

ジャケットスタイルのときはスラックスと革靴で合わせましょう。

仲間がジャケットスタイルではないときの対応

夏季期間中でなければ男子がジャケットスタイルでの行き帰りが基本ですが、マナーをあまり気にしない人が増えています。

ジャケットも着ないラフな格好でゴルフ場に行き帰りする人たち。そういう人がゴルフ仲間にいたらきちんと注意してあげましょう。

他人の服装にとやかく言いたくない気持ちもわかりますが、それが名門コースなどであれば、一緒に回るメンバー全員が「要注意人物」とされてしまうかもしれません。

少なくとも「ジャケットくらい着たら?」と注意するようにしてください。

若い人にとっては納得のいかないマナーかもしれませんが、ほとんどのゴルフ場ではジャケット着用のことという規約があります。

それを守れない人は来なくてもいいという方針です。

ゴルフをスマートに楽しみたい男子は、ジャケットスタイルからはみ出さずに、ジャケットスタイルを楽しむくらいの気持ちでマナーを守るようにしましょう!
お気に入り
surfandturf

海好き山好きのゴルファーです!

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオの日200801-0901
ダンロップX2ボール200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901