素振りのスイングが理想!打つときのスイングを素振りに近付けよう!

getty

素振りのスイングが理想!打つときのスイングを素振りに近付けよう!

お気に入り

よく練習場で見かける光景なのですが、とてもきれいなスイングで素振りをしている方がいらっしゃいます。

「きっと上手いんだろうな……」と勉強の意味を踏まえて見ていると、実際打ってみたらなかなかいい球が打てていないということがありますよね。

素振りはきれいなのに、実際に打ってみるといい球が打てない。

何か矛盾を感じますが、それがいかに「素振りの感覚」でショットができていないか、という証明だともいえるのではないでしょうか。

力み、緊張、メンタル……スイングを壊す要因

力み、緊張、メンタル……スイングを壊す要因

getty

「ショットは素振りのように打て」という教えを聞いた方も少なくないのではないでしょうか?

実際その通りで、素振りの時は力も抜けて非常にいいスイングでボールを打てるだろうという感覚があるのでは、と思います。

しかし、実際に打ってみるとなかなかいいショットというのは打てないものです。

無意識のうちに「ボールを打つ」ということを意識してしまっているのでしょう。

飛ばそうという力み、見られているかもという緊張感など、様々なメンタル的要素でスイングが崩れてしまっていると考えられます。

素振りがきれいということは、いいショットを打てる土台は備わっているということです。

ということは、ショットを素振りのイメージに近付けていくことが重要ということがわかるでしょう。

飛ばさない、期待しないが大切

飛ばさない、期待しないが大切

getty

素振りに近付けるときに大切なことが、「飛ばさない」ことと「ショットに期待しない」ことです。

我々アマチュアゴルファーの場合、ほとんどのショットがミスショットやそこそこのショットでゴルフが成り立っています。

そもそもナイスショットなんて打てる確率のほうが少ないのです。

ということは、飛ばす必要なんてありませんし、ある程度狙ったところに打てればOKということになります。

それくらい肩の力を抜いて、自分にプレッシャーをかける要素を排除していけば自然と素振りに近いスイングで打っていくことができるでしょう。

動画などで確認を

動画などで確認を

getty

練習場で最近はよく見かけますが、自分のショットを撮影している方がいらっしゃいます。

そういう方はショットは撮影していても、素振りは撮影していないことが多いのではないでしょうか?

自分の理想とするスイングを確認しながら行っている状態が素振りなのであれば、間違いなく素振りを動画で撮影しておくべきです。

スイングの質が高くなれば確実にショットの内容も向上します。スイングの質を高めるには地道な練習以外ありえません。

常に素振りを意識した練習を早速取り入れてみてください。

お気に入り
TeruさんGolf

ゴルフを初めて丸2年! この2年で培ってきた知識や経験を使って、同じ年代の方、これからゴルフを始めようと思う皆さんに楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います!

このライターについてもっと見る >
GN20190618-0722
GN20190618-0722

次の記事

素振りのスイングが理想!打つときのスイングを素振りに近付けよう!

カートに追加されました。


×
グリッジカップH