パンチショットはクラブと目線を低い位置に収める

getty

パンチショットはクラブと目線を低い位置に収める

お気に入り

ゴルフの場合、「パンチ」というのは、インパクトを強くするという意味です。特に、右腕に力を加えてボールを叩くようにヒットするときに使われます。

悪いライから有効なのがパンチショット

悪いライから有効なのがパンチショット

getty

実戦では、フェアウェイのすべてが、絶好のコンディションで芝つきが一定しているとは限りません。

ボールが長めの芝に沈んだライや、ディボット跡の砂の上などというケースもよくあります。

そうしたライの悪い場合であるとか、アゲインストの状況で低いボールでグリーンにピタリと止めたいときなどに有効なのがパンチショットです。

ボールは通常の位置よりもボール1個分中に入れる

ボールは通常の位置よりもボール1個分中に入れる

getty

グリップの位置は通常のショットと変わりません。

通常よりもボールの位置は1個分中に入れる程度で、少しハンドファーストを強めにして、あとはいつもと同じように構えます。

いつもと異なるのは、フォロースルーの位置です。

クラブを高く上げないで、左腰の高さ辺りの低い位置で止めます。そこがこのパンチショットのフィニッシュになるわけです。

スイングには勢いがありますので、手だけで低い位置に止めようとすると、リストを痛める危険性もありますので、手だけを止めるのではなく、体の回転と一緒に止めるようにします。

フォロースルーで体が左を向いたとき、グリップエンドが体の中心を向いていますが、そのポジションで体の回転や腕の振りを止めるのです。

ドライバーからウェッジまで使えるショット

ドライバーからウェッジまで使えるショット

getty

右肩は上げないで、低い位置に止めます。

上体は絶対に起こさないで低い位置のままフィニッシュするのです。

このパンチショットをマスターすれば、ドライバーショットからウェッジショットまで使え、少し距離のあるアプローチショットや林の中からの脱出など、広範囲に利用することができ、ゴルフの幅も広がることでしょう。

ただし、クラブを上から入れ過ぎると、スピン量が増えてしまい、吹け上がってしまうこともあります。

クラブを適正な入射角で入れられるように、練習場で確認してみましょう。

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人