マナーとエチケットの違いは?気持ちの良い同伴プレーヤーになりましょう♪

getty

ライフスタイル

マナーとエチケットの違いは?気持ちの良い同伴プレーヤーになりましょう♪

0

以前『人の振り見て我が振り直せ。ちょっとご一緒したくないゴルファー3例・・・』というタイトルの記事を投稿しました。

今回はその逆、気持ちの良い同伴プレーヤーについて具体例も上げながらまとめてみます。

自分自身も、「あの人とのゴルフは楽しい♪」と言われるゴルファーでありたいですね。

コミュニケーション!

『良いスコアで上がりたい』『ナイスショットしたい』『パター決めたい』というのは誰しも同じことです。

でも、だからと言って自分の世界に入り込み、会話もしないラウンドって、本当に楽しいでしょうか?

朝はいつものメンバーでも、まずは気持ち良く挨拶しましょう。

ゴルフは、同伴プレーヤーと過ごす時間が長いスポーツです。話題が豊富でかつおしゃべりが過ぎないゴルファーはご一緒していて気持ちが良いものです。

気持ちの良いゴルファーは、TPOをわきまえたコミュニケーションを必ず身に着けていると思います。

ミスショットの後

どんな上級者でもミスはつきものです。

気持ちの良いゴルファーは、ミスショットの後の対応もスマートです。

必要以上に大声を出さず、クラブを叩きつけることもせず、周囲にも当たり散らすこともしない!

当然と言えばそれまでですが、残念ながらこれができない方も見受けられます。

以前ご一緒したことがある、サッカー界では知られた方は、ミスしてもその場の空気を悪くしない達人でした(オヤジギャグの達人でもありますが、そこはご愛敬)。

ティーショットを大きく曲げて林の中に打ち込むと「ちょっとフィトンチッド(※樹木から発散される化学物質)を浴びて来るね」とクラブを数本持って森林浴!!

グリーン上では、カップの回りをクルリと回って入らないと「オレは、カップと嫁には嫌われている……」と真顔で言った後、「母ちゃんごめん、ホントは大好きっ」と言ってのける。

こうして周囲にイヤな思いをさせないと同時に、自分の気持ちを立て直していたのかもしれません。

この方とのラウンドは、いつも笑顔でいっぱいでした。

マナーとエチケット!

みなさん、『マナー』と『エチケット』の違いを明確に説明できますか?

『マナー』~社会的に望ましいとされる行動や作法。

『エチケット』~特定の相手を不快にさせないための気配り。

と分類されるようです。以下、ほんの一例を挙げてみます。

【マナー】
・ティーグラウンドに折れたティーが落ちていたらゴミ箱に捨てる

・目土を忘れない

・ディボットは直す

・バンカーショットの後はきれいにならす

・プレーはキビキビとスピーディーに

【エチケット】

・同伴プレーヤーがショットを打つ前やパットの前には目線や陰を意識して立つ位置も注意する。そして打ち終わるまでは動かずに喋らない

・喫煙は、灰皿がある場所で。できればカートでは吸わない

・ボールはできる限り一緒に探す

・アドバイスは求められた時だけ

いかがでしょうか? そんなに難しいことではないと思います。

気持ちの良いゴルファーになると、自身も気持ちの良いラウンドができると思いますよ。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

マナーとエチケットの違いは?気持ちの良い同伴プレーヤーになりましょう♪

カートに追加されました。


×