ゴルフは仕事に通ず!〈7〉ゴルフも仕事も腹をくくる時がある!

getty

ゴルフは仕事に通ず!〈7〉ゴルフも仕事も腹をくくる時がある!

お気に入り

「ゴルフと仕事は通じる」ということをお伝えしていますが、このことを書いていると、時として禅問答のような境地になってくることがあります。

ゴルフは欲との戦いだと言われますが、強欲であればあるほど上手くいかないことが多いのです!

今回は、腹をくくって結果を待つ! というお話です!

仕事で腹をくくること!

仕事で腹をくくること!

getty

仕事をやっていて、これだけ一生懸命やったのだから、あとは結果を待つだけというようなことはありませんか?

あれこれ考えてみても、どうにもならないことがあります。特に、自分としては、やれるだけのことはやった! 努力したという自負がある時には、あとは結果を待つだけということが必要でしょう。

これ以上やっても仕方がないというところまで頑張って、そこでケリをつけること!

また、ここまで頑張ったのだから、あとはこれでどうなるのか? を待とう!

この時の心境を表現すれば、腹をくくった状態ということではないでしょうか。

仕事では、時にはこの腹をくくるということが、大事なこともあります。

この腹をくくるというのは、決していい加減にやろうということではなく、「やるだけのことはやった!」という自信の裏付けだと思います。

自分が精一杯やったという気持ちを持って、腹をくくること!

そうしたら、結果がついてくる。仮に、それでダメだったとしても、気持ちは整理できるでしょう。

ゴルフで腹をくくる必要な場面とは?

ゴルフで腹をくくる必要な場面とは?

getty

ゴルフではどうでしょうか?

頭の中は、この先の結果だけを考えて、ここは何としても、しのぎたい! という逃げたいような場面はないでしょうか?

例えば、グリーンのガードバンカーを越えなければならないアプローチの場面などでは、得意な方や上級者は問題はないでしょうが、ビギナーには厳しい場面と言えるでしょう。

しかし、逃げられないのです。自分がショットしなければなりません。

そうしたら、腹をくくりましょう!

仕事では、できるだけのことはやったと思い、腹をくくるのですから、ゴルフでも目の前の1打に集中して、腹をくくることです!

本当は、ゴルフではショットを前にしたら、常に腹をくくらなければならないものだと思います。

結局、開き直って目の前のショットに集中することが、結果をもたらす!

結局、開き直って目の前のショットに集中することが、結果をもたらす!

getty

ゴルフでは、目の前のショットで、ジタバタしてもどうにもなりません!

ここでは、目の前の1打に集中して、やることはやったと、腹をくくることが大事です。

自分がやってきたことを信じて、そのショットに集中しましょう。

例えば、「バンカー越えのアプローチで、ピンまでは近く、落とし場所は下り傾斜」の場合は、絶体絶命のピンチです。

どんなに頑張ってもピンに寄せることは厳しいでしょう。今できるショットを、腹をくくってやるしかないのです。

後のことは気にせずにそのショットに集中しましょう!

それで、最善の結果ではなかったとしても、それがすべてではなく、その後の状況を変えるかもしれません。

ゴルフとはそういうものなのだ! それも腹をくくることになるのです!

お気に入り
PAR RUSH 01

ゴルフは本当に奥が深く上手くいかないスポーツですが、だから飽きずに続けています! ゴルフの楽しさを伝えていきます! 「PAR RUSH」 は10周年を越えたゴルフサークルです。このロゴは特製ネームタッグです。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA