グリップは強く握る?ゆるく握る?どっちが正解なの?

getty

ゴルフ初心者

グリップは強く握る?ゆるく握る?どっちが正解なの?

0

身体に余計な力が入っていると、動きがぎこちなくなってミスショットにつながります。

でも、全身の力を抜いてゆるゆるな状態では、これまたショットどころではありません。

プロでも意見は千差万別

青木功選手や松山英樹選手は、グリップを握る強さは「強め」とのこと。

しっかりグリップに力を込めながら、その他の身体のパーツに余計な力が入らないように、トップアスリートならではのボディコントロールをしているのでしょう。

またメジャー通算7勝を挙げている往年の名ゴルファー、サム・スニードは、

“Hold it light, as if you are holding a bird in your hands.”

「(グリップは)軽く握りなさい、小鳥を包み込むように」

と言っています。

一般的には「卵が割れない程度の強さ」という言い方で「あまり力を入れない」ようにすることを重視したアドバイスが多いようです。

強く握るにしても、弱く握るにしても、その感覚を実感するにはその人の感性が大きく関わってきます。

また理想の強さも人それぞれなので、それを伝える、または理解するのは意外と難しいものです。

座右の銘

筆者がゴルフを始めて間もないころ、師匠に褒めてもらいたい一心で練習自慢をした時の話。

「師匠、練習し過ぎてこんなに手に豆ができちゃいましたよ!」

それを見た師匠は、鼻で笑いながら、

「手に豆ができるほど強く握ってるから、スコアが良くならないのさ!」

この言葉は筆者の「ゴルフ座右の銘リスト」の上位に長く君臨しています。

それなりに力を入れなければ、力強いボールは打てません。

しかし、力を入れ過ぎるとスイングがぎこちなくなってしまいます。

その微妙な感覚を「手に豆ができるほど強く握ってはいけない」という形で教えてくれた師匠に感謝です。

あなたも自分が納得できる「グリップを握る強さ」のフレーズを手に入れて、その言葉を心でつぶやきながらプレーしてみてください。

まとめ

ゴルフのスイングにおいてグリップを握る強さは、もっとも重要なパートと言っても過言ではありません。

また、それを実践して自分の心地良いスイングを手に入れるには「滑らないグリップ」は必須です。

ゴムが劣化していたり、擦り減ったりしているグリップを使っていると、余計な力が入ってしまいスイングは大きく崩れます。

年季の入ったクラブでもグリップを交換すると、新しい魂が宿ったように蘇ります。グリップを交換して、理想のグリップを握る強さを探してみてください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

グリップは強く握る?ゆるく握る?どっちが正解なの?

カートに追加されました。


×