真っすぐ飛ばすための秘訣〜クローズフェースになぜなってしまうのか〜

getty

ゴルフスイング

真っすぐ飛ばすための秘訣〜クローズフェースになぜなってしまうのか〜

0

みなさんこんにちは!

現役レッスンプロのみやヴぃです。

この記事では、前回の「真っすぐ飛ばすための秘訣」でご説明した飛球の法則の中で、クローズフェースになってしまう人向けの原因の説明をしていきます。

さらば、左へのミス!!

クローズフェースになぜなってしまうのか

クローズフェースとは、ターゲットに対してフェースがクローズして(左を向いて)いることです。

フェースがクローズの場合、左にボールが飛び出します。

その際フェースの向きに対してのスイング軌道により、ボールが曲がっていく方向が変わります。

■クローズフェース×アウトサイドイン

ボールが左に飛び出して、右に曲がっていく(フェード)

■クローズフェース×イントゥイン

ボールが左に飛び出して、真っすぐ飛んでいく(プルまたは引っ掛け)

■クローズフェース×インサイドアウト

ボールが左に飛び出して、左に曲がっていく(プルフックまたはチーピン)

クローズフェースになる原因1

クローズフェースになる原因1

クローズフェースになる原因で一番多いのが、極端にフックグリップになっている場合、あるいはアドレスからフェースをかぶせているパターンです。

もともとスライスや右へのミスで悩んでいた人が、どうにかして真っすぐ打とうとした結果陥りやすい原因のひとつでもあります。

上記画像のように、過度なフックグリップになっていないか確認しましょう。

正しいグリップは両手の親指と人差し指の間のV字型の溝が右肩くらいを指すのが理想です。

また、フェースの向きがスクエアにセットできているかも確認してみましょう。

フェースの向きがわかりにくい方は、フェースの面にロングティーを両面テープなどで貼り付けてみると、フェースが向いている方向を確認しやすいです。

スイングを疑う前に、まずは正しいグリップやフェース向きになっているかを確認しましょう。

※グリップの握り方詳細はまた後日記事にします。しばらくお待ちください!

クローズフェースになる原因2

次に多い原因は、手打ちです。

上記動画のように手打ちになっていませんか?

※上記の動画では、ボールは右にプッシュアウトしていますが、大人の腕力だともっと極端にフェースが返り、クローズの状態で当たってボールが左に飛びます。

本来腕は、クラブと体をつなぐ連結器という役割なのですが、特に腕力のある男性は飛ばそうとして体の回転が止まり、手打ちになりやすい傾向があります。

いわゆるボディーターンでスイングをすればインパクトでクローズフェースになることを防げます。

もし腕を脱力しボディーターンでスイングしたときに、今度は右へのミスが目立つようであれば、もともとそういう方はオープンフェースになってしまっているということです。

そのため、なんとかインパクトでフェースをスクエアに戻そうと体を止めてしまい、手打ちせざるを得ないという状況が考えられます。

その場合は前回記事の「オープンフェースの直し方」を参照し、オープンフェースになっていないかを再度確認してから、ボディーターンスイングに取り組みましょう。

まとめ

1.スライス、右へのミスを嫌がるあまり、過度なフックグリップまたは最初からフェースをかぶせてしまっている。

2.体の回転が止まり手打ちになっている。

おおまかにではありますが、上記の2種類によってクローズフェースになることが多いのです。

自分がどっちのタイプなのかをきちんと理解し、次回の記事で解説する脱クローズフェース練習法を実践して、クローズフェースになってしまうクセを取り除いていきましょう!

次回の記事も、ぜひお楽しみに!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

真っすぐ飛ばすための秘訣〜クローズフェースになぜなってしまうのか〜

カートに追加されました。


×