真っすぐ飛ばすための秘訣〜クローズフェースの直し方〜

https://www.golfdistillery.com/

ゴルフスイング

真っすぐ飛ばすための秘訣〜クローズフェースの直し方〜

0

みなさんこんにちは!

現役レッスンプロのみやヴぃです。

今回は前回の記事でご説明した、クローズフェースになりやすい方向けに、改善方法や練習方法をご紹介していきます。

さらば左へのミス!

脱クローズフェース1 ~グリップ~

脱クローズフェース1 ~グリップ~

まずは正しいグリップで握れているか確認しましょう。

クローズフェースで悩んでいる方は、上記画像で言うところのストロンググリップになっていることがとても多いです。

スライスや右へのミスを嫌がってフェースを被せよう被せよう、という意識が働いてしまっているからですね。

そういう方は一度スクエア(ニュートラル)グリップに戻しましょう。

もしどうしても「握り方を変えるのに違和感がある!」という方は、いつもよりフェースを10度ほど開いた状態を作ってからいつも通り握り、その後にフェースをスクエアに戻す、という方法でも良いと思います。

自分が握りやすい方法でスクエアグリップを作りましょう。

脱クローズフェース2 ~トップ~

脱クローズフェース2 ~トップ~

テークバックで正しい方向へコックが行われず、クローズトップ(シャットフェース)になっていませんか?

トップのポジションで、左手首の甲側が真っすぐになるのがスクエアフェースになります。

スイングを後方から撮影するなどして確認し、正しいスクエアなポジションを作れるようにしましょう。

脱クローズフェース3 ~手打ちを抑える~

脱クローズフェース3 ~手打ちを抑える~

体の回転が止まって手打ちになってクローズフェースになってしまう方はボディーターンでスイングできるように練習をしましょう。

【オススメのボディーターンスイング練習方法】

1.マットのフチ、またはボールの入ったカゴにクラブヘッドを引っ掛けてターゲット方向に押す練習。

自然に普段より腰が回っているのを感じればOK! これがボディーターンで打ったときの基本のインパクトの形です。

※マットをズラすくらいのつもりで力強く押しましょう。

※右腰で押し込むイメージを持ちましょう。

2.ボールを置いて7番アイアンでいつも通りアドレスし、「1」でやったインパクトの形を作りテークバックをせずにそのままフォロースルーだけでボールをターゲット方向に飛ばす練習。

手打ちだとフェースが返ってボールが左に飛びます。

※右腰で押し込むイメージを持ち、ボールを真っすぐ押せるように。

※正しく押せるとフォローでグリップエンドがおへそを向きます。

3.右手一本打ち(素振り)で練習をする。両手で握った時の右手の位置で、右手一本でクラブを持ち、腰~腰の振り幅で振る。

グリッププレッシャーは柔らかく握り、切り返しの瞬間にクラブが遅れてくる感覚をつかみましょう。

※いわゆる「間」や「タメ」、「クラブ時差」を作る練習です。

※上手くできると少し腰が先行しハンドファーストで右手首の角度をキープしたままボールをヒットする感覚がつかめると思います。

余談:よく、「手打ちスイングでOK!」という記事を見かけますが、クローズフェース(フック)で悩んでいる人には逆効果です。

手打ちスイングはスライスや右へのミスが出ている人には有効ではありますが、左のミスが多い人は絶対真似しないようにしましょう。

最後に

きちんと原因を把握し、ひとつずつ考えられる原因を潰していけばいつかはきっとクローズフェースは直ります。

クローズフェースが直れば極端な左へのミスが減り、OBやトラブルが減りきっとスコアが安定するでしょう。

みなさんの楽しいゴルフライフをお祈りしています!

他の記事もぜひお楽しみに!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

真っすぐ飛ばすための秘訣〜クローズフェースの直し方〜

カートに追加されました。


×