「正しいゴルフスイング軌道」を身につける簡単な練習方法♪

お気に入り
ボールを真っすぐ飛ばすには、どうすればいいのか?

ゴルフを始めたばかりの初心者から上級者まで、多くの方の悩みだと思います。

そこで正しいスイング軌道を身につける、簡単な練習方法についてご紹介していきます。

理想のスイング軌道とは?

理想のスイング軌道とは?

getty

正しいスイング軌道で打てなければ、ボールは真っすぐ飛んでくれません(いや、正しくないスイング軌道でもたまに真っすぐ飛んでくれることがあることのほうが問題かもしれません)。

しかし、正しくないスイング軌道ではもちろん飛距離も伸びず、狙ったところにボールを運べる可能性も低くなります。

では、ボールを真っすぐ飛ばすための理想のスイング軌道とは何なのか?

それは、インサイドインと呼ばれる軌道になります。

つまり、クラブのヘッドが内側から入ってきて、最後も内側へ抜けていくスイング軌道です。

このインサイドインのスイング軌道を習得しなければ、打球は安定しません。

何としても理想のスイング軌道を身につけましょう!

インサイドインの軌道を体感する

インサイドインの軌道を体感する
インサイドインの軌道を頭では理解していても、やはり体で理解できるようにならなければいけません。

そこで、インサイドインの軌道を簡単に体感できる方法をご紹介します。

まず、7番アイアンを持ってアドレスします。

次に右手はシャフト部分で握ります。

そして、内側に引いて、内側へ出すように意識して、ゆっくりスイングします。

右手が左手から離れていることで、インサイドから振りやすくなり、正しいスイング軌道を確認することができます。

左手だけで素振りをしよう

左手だけで素振りをしよう
スイングの軌道を司るのは、左手と言われています。

ゴルフ経験者なら、「右手は軽く添える程度でいい」というアドバイスをもらったことがあるかと思います。

それほど、ゴルフにおいては左手が重要となります。

そこで、正しいスイング軌道を身につけるためにも、左手だけでの素振りを実践してみましょう。

実際に練習する際は、ショートアイアンなど、扱いやすいクラブを選んでください。

慣れてくれば、ティーアップしたボールを左手だけで打つ練習もオススメです。

両足を揃えて打つ練習をしよう

両足を揃えて打つ練習をしよう
正しいスイング軌道を身につけるには、両足を揃えてボールを打つ練習方法もオススメです。

この練習方法では、最初から最後まで、左手を伸ばしてスイングすることが重要となります。

なかなか慣れるまでは、上手くスイングできないかもしれません。でも、左腕リードのスイングに慣れると、クラブヘッドの芯でボールをとらえる感触を体感できます。

また、打球はアイアンのロフト通りの角度で飛んでいくので、あまり力を入れなくても、飛距離が出ることに驚くと思います。

ゴルフ上級者でも、正しいスイング軌道でボールを打つのは難しいものです。根気強く、練習を繰り返すことが大切と言えます。

ここでご紹介した、正しいスイング軌道を身につけるための練習方法で、コツがつかめるまでみなさんも練習に励みましょう!
お気に入り
uchidaruma

シングルプレイヤーになって5年 アスリートゴルファー目線の記事を書かせていただいてます

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。