プロでも陥りやすいミス……アドレスで右向きに構えていないかをチェックしよう!

お気に入り
皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

突然ですがティーショットの右プッシュOBが止まらないという皆さん、その悩みはスイングの問題ではないかもしれませんよ!

まずはアドレスでの体の向きをぜひチェックしてみてください。

もしかしてターゲットよりかなり右を向いてしまっていませんか?

実はボールは右に曲がっているわけではない!?

実はボールは右に曲がっているわけではない!?

getty

アドレスで右を向いてしまっている。

ティーショットの方向性が安定しない人にありがちなのが、アドレスの時点でターゲットより右を向いてしまっているというミスです。

スライスやプッシュアウトなんかで右へのミスが多いという人は、アドレスでターゲットよりも右を向いてしまっている傾向が強いです。

最初から右を向いていれば当然ボールはターゲットより右に打ち出されますので、そこからさらにスライスがかかれば、ボールは大きく右に曲がってしまうということです。

飛距離の出る人でしたら、スライス回転で大きく曲がらなくても、ボールがアドレスで構えた通りの方向、つまり右方向に飛び出して、そのままOBゾーンに到達してしまうこともあります。

飛ばし屋でスライスに悩んでいる人の中には、実はスライス系のボールが出るスイングなんかしていない可能性だってあります。

むしろアドレスで大きく右を向いてしまい、その向いた方向にボールが打ち出されているだけだということのほうが多かったりするわけです。

特に右にプッシュアウトするだけではなく左への引っかけのミスも出てしまうという人は、その可能性が大ですね。

例えて言うなら、前のホールで大きく右に曲がってしまった直後のティーショットで、意識的にターゲットより左を向いてスイングしたら、今度はボールが大きく左に飛び出した……というパターンですね。

これは大きく右を向いてアドレスしていたからボールが右に、次は左に向いた分ボールが左に飛び出すというように、構えた方向なりにボールが飛んでいっただけで、根本的な原因はアドレスの体の向きであることにほかなりません。

アマチュアの場合はスライス系の弾道が多いわけで、そんなスライス系の持ち球の人がターゲットより右を向いて構えると、そのまま右にボールが飛び出し、そこからさらに右に曲がってしまえば即OBとなってしまいます。

もしターゲットより右を向いてアドレスしてしまっているようだったら、スイングを見直す前にまず体の向きを修正するべきです。

アドレスで正しい方向を向くだけで出球の方向が修正されますし、その分確実に曲がり幅も抑えられますから、自ずとOBの確率は下がるはずです。

アドレスで右を向いて構えてしまうのはなぜ?

アドレスで右を向いて構えてしまうのはなぜ?

getty

しかしどうしてアドレスで右を向いてしまうのでしょうか。

まず押さえておきたいポイントは、アドレスで右を向きやすいというのは、何も初心者に限ったことではないということ。

競技に出場する上級者はもちろん、プロゴルファーですら右を向きやすい傾向にあるのです。

その理由は何かと言うと……。体から遠くにあるボールを打つというゴルフならではの特徴から来ています。

それはつまり、ターゲットラインの錯覚なんです。

ショットの前にボールをどこに運びたいかを決めるわけですが、そのキャリーさせたい地点とボールを結んだ線がターゲットラインとなります。

ところがこれが大きな落とし穴となるのです。

というのもゴルフはボールを手足で直接コンタクトをせずに、ゴルフクラブを使って打つわけで、しかもそのクラブってけっこうな長さがありますよね。

例えばドライバーでティーショットを打つ際は、ボールとつま先の距離は90センチ弱の間隔ができます。

ということはターゲットラインはあくまでもボールの延長線上ですから、アドレスでの体の向きは、右打ちならターゲットのやや左(具体的には90センチ左)を向くのが正解となります(目標のラインに対してスクエアにアドレスする場合)。

ところがたいていの人はターゲットを決めたら、その方向に体の向きや肩のラインを合わせてしまいます。

そしてこの勘違いこそがアドレスで体が右を向いてしまう原因となるのです!

ゴルフの場合はターゲットまでの距離が長いので、このわずかなズレが大きな方向性の狂いを生み出してしまいます。

ボールのそばにスパットをみつけるようにしましょう

ボールのそばにスパットをみつけるようにしましょう
いかがでしたか? どんなに良いスイングをしたとしても、アドレスで右を向いてしまっては、いつまでたっても方向性は良くなりません。

それではアドレスで右に向かないようにするにはどうしたらよいのか。

それはボールのすぐ近くにスパットを見つけることです。

スパットとは、目標方向に正確に構えるため目印のこと。

ゴルフボールとスパットを結ぶラインと体(肩)のラインが平行になるようにアドレスを取ることで、体が右に向くのを防ぎやすくなりますよ。

具体的にはまずボールの後方、真後ろに立ってからターゲット(ボールを運びたい地点)を決めた後に、そのターゲットとボールとを結んだライン上のボールから50センチ~1メートルくらいのところに目印(スパット)を見つけると良いでしょう(すごく単純明快ですが、これは多くのトッププロも実践している方法です)。

スパットを見つけて正しい向きでアドレスが構えられるようになれば、それだけでボールの方向性は劇的に改善するはずですよ♪

といったところで今回はこのへんで。

それでは、また!
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019