飛ばし屋への道!飛距離を伸ばす体重移動
ライフスタイル

飛ばし屋への道!飛距離を伸ばす体重移動

0

ドライバーをもっと飛ばしたい!

そんなゴルファーは数多くいるでしょう。そこで飛距離を伸ばすために必要不可欠な体重移動について、詳しく見ていきたいと思います。

スイングで体重移動を積極的に使って、飛距離を伸ばしていきましょう!

バックスイングでの体重移動を知ろう

体重移動、と聞いて大きく後ろ(右足)へ体重を乗せて反動を使おうとする方を見かけます。

しかしこれではスイングの軸がブレてしまい、安定したショットが期待できません。

バックスイングでの体重移動のイメージは、アドレスの形では真ん中にある重心を、右股関節に乗せるイメージで行いましょう。

このときもちろん軸はブレません。外から見ても体がすごく動いているわけでもありません。

感覚としては、右の股関節に体重がしっかりと乗っているのを意識してください。

こうすることで軸がブレず、スイングの始動で体重の反動が使いやすくなります。

バックスイングからスイング始動までの体重移動

バックスイングでは、右股関節に体重が乗っている状態ですね。

ここからスイングを始動していきます。

右股関節に乗った体重は、右足の拇指球へ一気に乗せていきます。

こうすることで、股関節にたまった体重を、スイングパワーに変換することができる体重移動です。

右足を前に蹴る、などと言われますが、真下に蹴り込むイメージを持ったほうがスイングの崩れが出にくくなります。

飛距離を稼ぐために、ここで一気に力を解放しましょう。

インパクト周辺での体重移動

スイングの始動では真下に蹴りこんだ体重は、スイングパワーへと変わってクラブへ伝わります。

このときヘッドの推進力で、前方に体重移動が自然と起こります。

前方へ体重移動をさせよう!という意識が強すぎると、上体が前へ流れてしまいスイングが乱れる原因にもなりかねません。

飛距離を伸ばすために体重移動をしているのに、スイングが乱れて飛距離を落としてしまっては本末転倒です。

このとき右足に乗っている体重は、左足に移っていきます。

インパクト周辺では体重は両足に均等にかかってきます。

フォロースルーでの体重移動

バックスイングからインパクトまでスイングしたクラブは、手首を中心に弧を描くように振り抜かれます。

するとインパクトからフォローにかけては、下から上へ振り上げられる動きをします。

その動きにつられて、インパクトで均一にかかっている体重は前方から上へと移動していきます。

このときに右足から体重が抜けて、つま先立ちのような状態になるんですね。

もちろん軸は大きく移動するわけではありません。

体重移動は、体を前に突っ込ませるわけではないんです。

体重の反動を利用してスイングパワーに変えている、という表現がぴったりですね。


いかがでしたか?

間違った体重移動でスイングを崩す前に、体重をスイングパワーに変える意識で練習してみましょう。

これでティーショットの世界が変わるかもしれません。

正しい体重移動を知って、「普通のゴルファー」から「飛ばし屋」へとステップアップしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

飛ばし屋への道!飛距離を伸ばす体重移動

カートに追加されました。


×