【プロゴルファーのスイング徹底解析】小祝さくら

getty

【プロゴルファーのスイング徹底解析】小祝さくら

こんにちは、ライターのとやです!

2017年シーズンではツアー出場3試合(予選落ち、7位タイ、予選落ち)だったのが、2018年は38試合出場(26試合で予選通過、トップテン入り13試合)と大きく飛躍した小祝さくらプロ。

シーズン序盤こそ予選落ちが目立っていましたが、シーズン途中から安定した成績を残し続けていた昨シーズンのゴルフは堂々たるものでした。

そんな彼女のスイングから、今シーズン飛躍した秘密を探っていきましょう。

スムーズでバランス◎のスイング

小祝さくらプロのスイングはスムーズで余分な力が入っておらず、クセのないスイングと言えそうです。

基本に忠実に、バックスイングからインパクト、フォローまでキレイにヘッドが抜けていくのがわかると思います。

やはり何事にも基本に忠実というのは大切なポイントで、シンプル、かつ管理がしやすいスイングといえます。

それがシーズンを通してツアーに出場、また安定した成績を残せた秘密でしょう。

シンプルなスイングは少々崩れても修正が楽です。小祝さくらプロのバランスがいいスイングはアマチュアのお手本にうってつけですね。

それでは細かくセクションごとに確認していきましょう。

捻転をしっかり使った小手先に頼らないバックスイング

アドレスからスイングが始動するとき、まず腰から上を強く捻り始めるのが分かります。

腕や手は器用に動くものの、器用過ぎるがために動作の再現性が低めです。

そのため安定したトップの形を作る準備として、腕ではなく上体でスイングを始動させています。

前傾を保ったまま、コックをあまり使わずに捻転が開始。

バックスイングの途中では腰の捻転が約45度で止まりますが、上体はそこからさらに捻転が続き、両肩を結ぶラインは飛球線方向と垂直になるほどパワーが蓄積されています。

無駄のない切り返しと右股関節のズボンのしわに注目

十分に捻転をしてパワーを貯め込んだ上半身は、切り返しがスムーズ。

トップからループしたり、肩を揺らして反動を使って切り返すプロも多い中、体重移動と右膝を前に送り込む動きで切り返しています。

またトップの形では右足の股関節付近に注目していみたいと思います。

それはズボンにできた深いシワ。右の股関節に体重をしっかり乗せてバックスイングの捻転した力を受け止めているようですね。

動く上半身につられてバランスが崩れないように、下半身でがっちりガードしています。

切り返しで安定した軸を手に入れられますので、これが小祝さくらプロのショットを安定させるポイントの1つでしょう。

前に走るヘッドと引っ張りあうように動く肩の支点

ダウンスイングでは肩を支点として肘、グリップ、ヘッドと巻き付くようにクラブが出てきます。

そしてインパクトを迎えるわけですが、インパクトではグリップが止まりヘッドが前に走ってきます。そのとき体全体はスイングの軸を崩さず残ったままになっています。

前に出てこようとするヘッドに対して、肩付近にできた回転運動の支点が引っ張り合いをしているような動きをするのが分かるでしょうか。

この動きでは、体が前に出ないのでインパクトの形を一定に保ち続ける正確性、ヘッドを走らせて飛距離を稼ぐ、どちらにも理に適った動きです。

小祝さくらプロのスイングは、ボディターン主導でスイングバランスが取れて再現性が高いスイングだったんですね。

「飛距離」と「正確性」本来相容れないはずの2つの要素を高い次元で融合した小祝さくらプロ。

来シーズンこそは初優勝の吉報が届くことを期待しましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×