飛ばし屋への道!飛距離を伸ばすグリップ方法(握り方)とは
ゴルフスイング

飛ばし屋への道!飛距離を伸ばすグリップ方法(握り方)とは

0

もう少し飛距離が欲しい!

ゴルフをする方の永遠の悩みの1つではないでしょうか。

そんな悩みの種「飛距離」ですが、自身のクラブのグリップ方法はどうなっていますか?

実は握り方によって飛距離をもっと伸ばすことができる可能性があるんです。

飛距離を伸ばすにはどんなグリップが適しているのでしょうか?

飛距離を伸ばすグリップはこれだ!ストロンググリップ

ゴルフクラブの握り方には

・スクエアグリップ
・ウィークグリップ
・ストロンググリップ

という3種類の握り方があります。

それぞれ特徴があって、スクエアグリップは一般的で美しいスイングが身に付きやすい。

ウィークグリップはドローボールが出やすく、ストロンググリップはフェードボールが出やすい、という違いがあります。

この中で「飛距離を伸ばす」ことについては、ストロンググリップが一番効果的と言われています。

「飛距離が出ない」と嘆いている方がストロンググリップにしたら、飛距離が出るようになったということは良くある話です。

ストロンググリップの方法を見てみよう

まずスクエアグリップの位置を覚えましょう。

グリップに対して握手するように真っ直ぐ手を出します。そのまま握るとスクエアグリップになります。

自分の目で見ると、手の甲の拳が1つだけ見えている状態です。

その状態から、左手首を内側に少し捻ってみましょう。

自分の目で見て手の甲の拳が2個から3個見えている状態にします。

これがストロンググリップになります。飛距離を伸ばすためにはこのグリップが必要不可欠です。

文字で見るとなかなかイメージしにくいのですが、実際にクラブを握ってみると難しいものではありません。

ストロンググリップで飛距離が伸びる理由

それではなぜストロンググリップが飛距離を伸ばすことになるのか、理由を見てみると
ハンドファーストの形になり、インパクトでロフトが立つことによってスピン量が減って、弾道が低くなりますよね。

低弾道で飛ぶということはランが出やすくなるということにつながります。

また無駄なスピンが抑えられて飛距離が伸びることになります。

逆にスクエアグリップやウィークグリップでは、この傾向は薄れてきます。

そのため弾道が上がりスピン量が増えてしまうんですね。

握る力も重要!ヘッドスピードとの関係

飛距離を伸ばすにはグリップ方法以外にも、握る力もものすごく重要なんです。

力を入れてグリップを握ってみると分かるのですが、手首の返しが非常に効きにくくなります。それがヘッドスピードに影響してくるんですね。

ヘッドを走らせるにはやはり、グリップを握る力を最低限にしてリラックスしてスイングすることが大切です。

遠くに飛ばそう!とする気持ちが強ければ強いほど、グリップにギュッ!と力を入れて握ってしまいがちです。

飛距離が欲しければ逆にリラックスすることをイメージしていきましょう。


いかがでしたか?

飛距離を伸ばすグリップ方法を見てみました。

日頃から飛距離が出ない、と嘆いているそこのアナタ!

実はグリップ1つで飛距離が大きく変わる可能性もあるんですよ。

一度自分自身のグリップを見直してみましょう。


ローリー・マキロイ選手の410ヤードショット(動画)↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

飛ばし屋への道!飛距離を伸ばすグリップ方法(握り方)とは

カートに追加されました。


×