Gride

ゴルフクラブ

tetsuxxx5452

自分でやろう! グリップ交換のすすめ 

グリップが滑るようになってきたなぁと思ったら交換時期です。

自分でグリップ交換をしてみましょう。

グリップ交換のやり方から、その裏技まで紹介します。

グリップ交換

グリップが滑るようになってきたなぁと思いだしたら交換時期です。

最近は原料のゴムの高騰も手伝いグリップがかなり高くなってきています。

グリップ代金だけでなく、そこに交換工賃まで払うと13本交換で軽く2万円を超えます。

グリップ代金は仕方ないにしても、自分で交換すれば工賃は浮きます。

1本300円位なので、13本で3900円位は節約できます。

但し自分でやる場合、しっかりエンドまで入っていなかったり、捻じれたりしやすくやりにくかったりしますよね。

一回買うとずっと使えるのでこの際、バイス(万力)を買っちゃいましょう。小さめの安いのだと1500円位で売ってます。

バイスがあるのとないのでは作業効率も仕上がりも全然違います。


エンジニア アンヴィルバイスTV-12

グリップ交換のやり方

クラブにハンドタオル等を巻いてバイスに挟み固定します。

そしてグリップカッターで古いグリップを切っていくのですが、刃がかぎ状になっている
専用の物を使います。

力がかけやすく、シャフトにキズが付かないので安心です。

手を切らないように注意してください。

グリップをカットして取り除いたら古いグリップテープをはがします。

これが結構めんどくさい。

シャフトにべったり固着していてめくりにくいんですね。

爪でめくろうとすると、爪の間にささってけがをすることもあります。

そこで裏技①!!!!

ドライヤーでテープを温めて、カットして外したグリップでテープの端をこするのです。

グリップの摩擦でめくり口が出来てめくりやすくなります。

これを知った時は「すげー!」と感動してしまいました。

グリップテープが綺麗にはがせたら、次はグリップを挿します。


グリップ交換キット

裏技② 洗濯バサミ

/img/topic_img/201703/292118subimg2.jpeg

グリップテープが綺麗にはがせたら、クラブフェースの向きを合わせてバイスに挟み直します。

そしてグリップをシャフトに沿わせて、挿した時にここまでささっていなければならない
場所を測ります。

その時に裏技として洗濯バサミを使います。

ささってなければならない位置にパチンとはめ込みます。

挟んだ洗濯バサミの先が垂直になるように挟み、フェースの向きと同調させます。

この事で洗濯バサミが目安となりグリップを真っすぐ挿しやすくなる事と、同時に挿したグリップがここまで挿ささらなければならないガイドになります。

グリップを挿す

準備が出来たらシャフトにグリップテープを巻きます。

しわなく綺麗に巻けたら剥離紙をはがしグリップエンドのテープをなじませます。

グリップテープに交換溶液をたっぷりかけます。

挿すグリップのグリップエンドの穴を指で塞ぎ、中にもたっぷりと交換溶液を入れます。

そして指でグリップの先も塞ぎ振ります。

グリップの内側が交換溶液でまんべんなく濡れるように振りましょう。

この時、溶液がたっぷりかかっていないと、グリップを挿している途中でグリップが止まりそれ以上挿せなくなったりしますので、ケチらずにタップリ使いましょう。

グリップの内側を濡らせたら、その溶液をグリップテープにかけます。

指でグリップの口を持って下からシャフトのバットに沿わせ、うまくグリップが入ったら
洗濯バサミとグリップの目印を合わせて一気に差し込みます。

目印の洗濯バサミまで挿せたらグリップの差し込み長はOKなので、洗濯バサミを外し

真っすぐ挿さっているかクラブのフェースと合わせて確認します。

ねじれているようだと少し位置を調整します。

慣れてくると洗濯バサミの目印だけで一発で真っすぐ挿せるようになります。

バイスからクラブを外してグリップエンドの収まりをしっかりさせるために、2、3回グリップエンドを机などに押し付けて完成です。

いかがですか?


自分でやるとクラブに愛着もわきますし、工賃の節約にもなります。

慣れてくると一本5分ぐらいで出来ますし、ぜひチャレンジしてみてください。