スライスする原因はグリップにあり!?ストロンググリップを試してみよう!

お気に入り
ゴルフを始めたての時はスライスが止まらずOBだらけ。いつも林の奥へボールが消えていきました。

今回は、一番手っ取り早くスライスを撲滅することができる方法をお伝えしようと思います。その方法はグリップにありますよ!

スライスが出る原因は?

スライスが出る原因は?

getty

僕を含め、小さいころから野球をやってきた人によくある傾向のようです。

体を開き気味でボールをとらえ、野球で鍛えたボールを飛ばす力があるので、より一層ひどいスライスがかかってしまいます(笑)。

原因は、体が開くことでクラブの軌道がアウトサイドインになり、ボールにスライス回転がかかることです。

それに加え、もう1つの原因がフェースにあります。

正確にはフェースターンです。フェースターンが上手くいっていないのでボールをつかまえることができず、右方向へ飛んだ打球がさらに右方向へスライスしてしまう状態となっています。

ストロンググリップで改善

ストロンググリップって聞いたことありますか?

ストロンググリップとはどんな握り方なんでしょうか? 力強く握るという意味じゃないですよ(笑)。

ほとんどの人が、最初はスクエアグリップだと思います。

右手はそのまま動かさず、左手のゴルフグローブのマークが正面に見えるように、少し左手をひねって握りましょう(図左)。

これがストロンググリップです。

スクエアグリップ(上図ではニュートラルグリップ)、ウィークグリップとの違いを確認しておきましょう。

スライス撲滅

スライス撲滅

getty

ストロンググリップで握ることで、手首の返しが自然と働き、フェースターンが上手くいきます。

クラブのシャフトにはトルク(捻じれ)の力がありますが、そのトルクを手首でも加えてあげるようなイメージです。

トルクが効くということは、ボールをつかまえる力が強くなります。

よって、打球の打ち出しの方向が左方向に変化したり、スライスが軽減したり、人によってはグリップだけでドローボールが打てるようになったり!

スライスに悩んでいる方は、一番簡単に治せる方法として採用してみてください!

ただし、グリップをストロンググリップに変えたばっかりの時は、違和感が出るはずです。

練習場で違和感を払拭してからコースで試しましょう。
お気に入り
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016