ANSAのEnjoyゴルフ☆体の横もしっかり伸ばしましょう

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

暖かい季節はいいんですが、寒くなる季節ではどうしても体が動きにくくなってしまいます。

先日ライターとやもスイングしたときに「ピキッ!」と左脇腹のあたりに痛みが・・・幸い大事に至らず済みました。

けれどもこうなる前に、本当はちゃんとストレッチしておかなきゃいけませんねー(汗)。

体が動かしにくくなるシーズンだからこそ

体が動かしにくくなるシーズンだからこそ

ANSA:とやさん? 今日は打たないんですか?

とや:えぇ・・・実はちょっと脇腹を痛めてるんですよね。今日はやめておこうかな(汗)。

ANSA:暖かい時期もそうなんですが、特に寒くなる時期はストレッチをちゃんとしておいたほうがいいですよ。

とや:はい、身を持って痛感しております・・・。

ANSA:体を柔らかくするだけじゃなくて、血流を良くして体を動かしやすくしたり、ケガを予防したりできますからね。

体側を伸ばすストレッチ

ANSA:MISATO~、とやさんにストレッチ教えてあげて!

MISATO:はーい、MISATOです。こんにちは! ケガはいきなりきますから、準備運動はちゃんとしてくださいね。

とや:そうですね・・・反省してます(汗)。

MISATO:それじゃ動画で体側(たいそく)のストレッチを紹介します。簡単なんですが、血流も良くなって体が暖かくなりますからぜひやってみてくださいね。ラウンド前のロッカールームで、軽く体を伸ばしてもらうだけで結構違いますよ。

ストレッチって痛いときにやってもいいの?

ストレッチって痛いときにやってもいいの?

getty

とや:そういえばMISATO先生、ボク脇腹を痛めてるんですけど、痛いときはあえて伸ばしたほうがいいんですか?

MISATO:痛いときは伸ばしちゃダメなんです。

とや:ええー!? そうなの!? 痛みに関する目安とかはありますか?

MISATO:ケガをした直後は急性期と言って、痛みが出ている状態です。このときは安静を心がけてください。無理に伸ばすとなかなか治りませんから。

とや:痛みが出ていたらストレッチはしないほうがいいの?

MISATO:すべてがそうだとは言い切れませんが、基本的には安静が基本です。

ケガをしてからじゃ遅いですよ

ケガをしてからじゃ遅いですよ

getty

MISATO:とやさんみたいに、ケガをしてからあわててストレッチをしていては本来「遅い」んです。

ANSA:そうですねぇ・・・でもケガをしてしまったものは仕方ありません。痛みが取れてから、ゆっくり固まってしまったところを伸ばしてあげてください。

とや:痛みが取れてからですね! わかりました。

ANSA:ゴルフは激しい動きはあまりしませんが、スイングはヘッドの遠心力で目一杯体を使う場合がありますからね。ちゃんとストレッチをしてください。

体にじっくり血液を巡らせるイメージで

MISATO:運動前にはじっくりストレッチをして、体全体に血液を巡らせるようなイメージで行ってください。ゴルフは腰や背中、体側などに突然痛みが出ることもあります。

日ごろの運動不足だけじゃなくて、ラウンド前の準備運動をして突然のケガを予防しておきましょう。

ゴルフスイングでは上半身を強くねじりますから、体側には大きな負担になります。

普段からストレッチしておくことも大切ですし、ラウンド前にじんわりと血液を巡らせてあげてくださいね。

ANSA/とや:はーい(*・・)ノ

とや:(MISATO先生がくるとANSA先生、ホントに何もしないな・・・)

ANSA:さ、練習練習~♪

MISATO:それでは皆さん、またお会いしましょう。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。