身体が硬くても大丈夫!身体が硬い人が意識すべき3つのスイングポイントとは?
ゴルフスイング

身体が硬くても大丈夫!身体が硬い人が意識すべき3つのスイングポイントとは?

0

身体が硬くて思うようにスイングができないとお悩みな方は多いと思います。

たしかに、いいスイングをする上で身体の柔軟性は大事です。

しかし、身体の硬い人でもポイントを押さえた無理のない動きを覚えれば、ボールに当たる確率は格段に上がります。

今回は、身体の硬い人が上手くスイングするために意識するべき3つのスイングポイントについてお話しします。

ポイント1 始動でクラブヘッドを正しく動かすことを意識しましょう!

ポイント1 始動でクラブヘッドを正しく動かすことを意識しましょう!

始動でのクラブヘッドの動かし方はミート率に大きく影響します。

特に身体が硬い人は、身体の柔軟性がある人に比べてこの始動での失敗をその後の動きでリカバリーするのが難しくなります。

多くのアマチュアゴルファーの方は、スイングの始動でクラブヘッドを構えたアドレスラインよりも外に上げてしまうという傾向があります。

狙っているターゲットラインに対してクラブヘッドを丁寧に真っすぐに引くという動きを十分に意識して、スイングを始動しましょう。

ポイント2 バックスイングで無理に身体を捻らない

ポイント2 バックスイングで無理に身体を捻らない

バックスイングからトップで身体をしっかりと捻ることはミート率を上げるために大事なポイントです。

しかし身体が硬い人が無理に捻ろうとすると、伸び上がりやスエーなどの頭が動き過ぎるエラーになる可能性が高くなります。

また過度な捻りの意識はトップでの力みにもつながります。

そういう動きになると当然ボールに上手く当てることが難しなります。

身体が硬い人は、捻ることよりも、まずはバックスイングで頭を止めておくことを意識しましょう。

またトップでも、腕や肩が力まない範囲でダウンスイングへスムーズに切り返していくことを心掛けましょう。

ポイント3 身体が硬い人は切り返しの達人を目指しましょう!

ポイント3 身体が硬い人は切り返しの達人を目指しましょう!

ミート率のいいダウンスイングの軌道を作るためにとても重要な動きがあります。

それは上の写真のように、上げた軌道よりもクラブをやや背中側に倒した切り返しの動きです。

このクラブが倒れる動きによって、自然と理想的なインサイド軌道のダウンスイングが作られます。

この切り返しでのクラブの動かし方には、身体の柔軟性は関係ありません。

そういう意味では、身体が硬い人でもこの動きを正しく練習をすることで、十分に切り返しの達人になることは可能です。

まとめ

まとめ

身体が硬くてお悩みの方でも悲観的になる必要はまったくありません。

今回の3つのポイントにフォーカスすることで必ずミート率はアップします。

最初は全部を意識することは難しいかもしれませんが、続けていくうちにいい感覚が生まれると思いますので、ぜひ焦らずに練習してみてください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

身体が硬くても大丈夫!身体が硬い人が意識すべき3つのスイングポイントとは?

カートに追加されました。


×