体重移動は「太ももの内側」で行わないと、スエーします!!

getty

体重移動は「太ももの内側」で行わないと、スエーします!!

お気に入り

こんにちは♪

ゴルフでナイスショットを打つためには、コマのようなきれいな軸回転が要求されます。

スイング中に軸が左右に揺れてしまうと、軸がブレてボールにしっかりとコンタクトすることが難しくなります。

軸を保つためにも、左右へのスエーは禁物です。

スエーすると「当たらない、飛ばない、曲がる」

スエーすると「当たらない、飛ばない、曲がる」

getty

スエーとは、スイング中に膝や腰が大きく左右に動いてしまう動きです。

多少の動きならば影響は少ないものの、過度に腰や膝が動いてしまうと、土台である下半身が安定せずに上半身が大きく左右に動き、ミート率が極端に悪くなってしまいます。

また、体が突っ込んでのスライスやボールが上がらないなどの弊害が生まれます。

このスエーは、最初にゴルフを始めたときに教わる「体重移動」が、何らかの原因で上手くいっていない際に現れます。

飛ばそうという強い気持ちが、過度な体重移動の原因

飛ばそうという強い気持ちが、過度な体重移動の原因

getty

ボールを遠くに飛ばそうと思うと、何となく体を左右に揺さぶって、ボールに体重をかけていくほうがよいと考えがちですが、それでは逆効果です。

体が左右に大きく動くと、本来動くべきであるはずの、肝心なクラブヘッドの運動量が減り、ボールに力が加わりません。

また、振り遅れてフェースが開いたまま閉じられることはないので、大きくスライスします。

そして、この飛距離に対する欲求が過度な体重移動を起こします。

テークバックで右足の膝は真後ろを向いて腰はどこまでも回転。飛ばしに必要な「捻転差」が生まれません。

そしてインパクトで今度は左の膝が外側に割れ、「左の壁」が崩壊します。

飛ばすために行った過度な体重移動が、飛ばしに必要な「捻転差」と「左の壁」を失ってしまう原因になってしまいまうのです。

体重移動は「両太ももの間」で行いましょう!

体重移動は「両太ももの間」で行いましょう!

getty

スエーを防止するためには、体重移動の「幅」を狭くする必要があります。

両方の膝が外側に割れてしまうほど動くときには、体重は太ももの外側にかかってしまっています。

膝が動かないようにするためには、テークバックで右の太ももの内側、フォローで左の太ももの内側で体重を受け止めなければなりません。

かなりきつい運動ですが、これができるようになると、スイングが安定し、プロのように両方の太ももがピッタリ付いたきれいなフィニッシュを取れるようになります。

がんばってマスターしてください!!

お気に入り
しだしんご

ゴルフ歴10年。「試してみなくちゃ気が済まない!」試打と実験をこよなく愛するアラフォーゴルファーです。 ゴルフは難しく考えないをモットーに、楽しくゴルフを楽しむ方法をお伝えできるように頑張ります♪

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップH
GDOゴルフテック