ミート率アップのためのゆっくりスイングのススメ♪

getty

ゴルフスイング

ミート率アップのためのゆっくりスイングのススメ♪

0

こんにちは。

kengolfです。

今回はミート率向上のためのゆっくりスイング練習法をご紹介したいと思います。

みなさんの参考になれば幸いです。

150ヤード打つクラブで120ヤードを打つ。

今回はあらゆるクラブに対してミート率が上がるお勧めの練習方法を紹介します。

まずはいつも150ヤードを打つクラブで120ヤードを打つ練習をしてみましょう。

ややクラブを短めに持ち、いつもよりバックスイング、ダウンスイングをゆっくりと行ってみましょう。

意外と、飛距離を落として目標を狙うのが難しいことに気がつくはずです。

私の場合、6番アイアンで120ヤードを打つ練習を行うのですが、これがなかなか難しい。

10球から20球打ったあと、ふつうに打ってみると、いつもより、力が少なく、力みも取れてスムーズにフィニッシュが決まり、スイングできることに気がつきます。

ドライバーでもゆっくり飛距離を落として振る。

ドライバーは、一般的な男性なら210~250ヤードくらいの飛距離の方が多いと思いますが、ドライバーでも同じように150ヤードを狙ってゆっくりフルスイングで打ってみましょう。

150ヤード打とうと思っても、180から200ヤードくらいは飛んでしまいます。

ポイントは、体の動きを意識してゆっくり振ることと、完全に左サイドに体重が乗ってから打つとミート率が向上して、ふつうに振ったときに曲がりが少ない球になります。

ゆっくり振るのを自分なりに覚えると、朝イチでも、安定したボールが打てるようになります。

慣れてきたら全番手でゆっくりスイングで打ってみよう。

ゆっくりスイングになれてきたら、スプーンやユーティリティー、ウェッジなどでもゆっくりスイングを試してみましょう。

特にウェッジでの50ヤードから80ヤードなどは、ゆっくりスイングで少しずつ振り幅を調整していくと、コースでの速いグリーンでも止まる球になります。

実際にコースで風が強い時なども、番手を上げて、ゆっくり振って調整するなどができるようになるので実戦でも役に立ちますよ。

みなさんの参考になれば幸いです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ミート率アップのためのゆっくりスイングのススメ♪

カートに追加されました。


×