トップでの身体の捻りを強くするには、2つの支点を意識する!

お気に入り

「トップでは身体を最大限に捻りましょう」

よく耳にする言葉だと思います。

たしかに、バックスイングからトップでの身体の強い捻りは飛距離を出すために必要な動きです。

しかし、バックスイングからトップで強い身体の捻りが作れているアマチュアゴルファーの方は少ないというのが現実です。

そこで今回は身体の捻り方について考えてみます。

「捻り」と「揺さぶり」を混同しない

「捻り」と「揺さぶり」を混同しない

身体の捻りを強くするためのまずひとつめのポイントは、「捻り」と腰や頭の「横への揺さぶり」を混同しないということです。

これはよく見かける勘違いですが、身体を強く捻ろうと勢いよく頭を横に揺さぶる動きには要注意です。

頭を勢いよく動かしたほうが身体を捻っている感じが強くなるという方は多いはずです。

しかし、実際にはその動きでは身体が動くだけで強い捻りは作れません。

そうなると上の写真のように背中が丸くなり、飛ばせる捻りの力が溜まらないトップになってしまいます。

支点を作る①

支点を作る①

雑巾を絞るときを思い浮かべてください。

強く絞ろうとするほど両端をしっかりと握って固定してから捻らないと強く絞ることはできません。

バックスイングからトップで身体を捻るのもこれと同じです。

強い捻りを作るためには上半身と下半身に2つの支点を作る必要があります。

上下2つの点を固定してからその間の部分(身体)を捻ることで飛ばせる捻りが生まれます。

その2つの支点は、上半身では首、下半身では右の足首になります。

まず上の支点を考えてみましょう。

上半身の場合、頭を動かさない状態で身体を強く捻るとなると首が支点となるのが自然なことです。

この首を捻ることを意識すると頭を止める感覚がよく分かります。

おそらく今まで頭が揺れていた人には捻りが物足りない感じになると思います。

また、アドレスから頭が動かないでトップへと捻りが強くなっていくとその反動で背中が少し反った形になります。

これは飛距離の出せるゴルファーに共通の形です。

支点を作る②

支点を作る②

getty

次に下の支点についてです。

下半身の捻りは右股関節を意識されてる方も多いかもしれません。

それでも問題はないのですが、もっと強い下半身の捻りを作るためには右足首を支点にして捻っていくことをおすすめします。

右足首からの捻りだとその上の右脚全体も捻ることになり、その結果右股関節に力の溜まったトップを作ることができます。

お気に入り
下田信司

プロからアマチュアまで全ゴルファーが圧倒的に上達するためのシンプルで結果が出せる理論を作る「理論クリエイター」。 独自に開発した「セヴンスイングメソッド」で悩めるアマチュアゴルファーのスイングをプロレベルまで引き上げます。 四ツ谷、東銀座、愛媛県松山市でレッスンスクールを運営中。 http://shimodashinji.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。