パンチショットを覚えよう!【スイング編】

getty

ゴルフスイング

パンチショットを覚えよう!【スイング編】

0

パンチショットというショットをご存知でしょうか?

低い打球で目標方向に打ち出すライン出しショットのことです。

強い向かい風や、林からの脱出時に使うショットです。パンチショットの打ち方を身につけ、ゴルフコースを攻略しましょう。

前回の準備編に引き続き、本格的にスイングについて解説します。

トップはコンパクトに肩まで

通常のスイングではトップは大きく深く取った方が、つかまったいい打球を打つことができます。

ただしパンチショットの場合、重要なのは“方向性”です。

方向性を出しながら飛距離をロスさせないことが目的なので、大きなトップは必要ありません。

そのためトップはコンパクトに肩まで上げ、フェースターンを少なくし方向性を高めましょう。

フォローはフェースを返さず低く出す

パンチショットで重要なのがフォロースルーです。

このフォロースルーを身につけていかないとインパクトの瞬間にブレが生じ方向性や弾道に狂いが出ます。

パンチショットのフォロースルーのポイントは2点!

・腰より高く上げない
・フェースを返さない

パンチショットの際は、アドレスの時からフォロースルーまでフェースの角度を変えず、常にハンドファーストの状態でスイングする必要があります。

フルショットの時のようにフォローを肩の上まで取るようにすると、クラブを振り上げる際にフェースが寝てしまう可能性があるため、フォロースルーは低く押さえましょう。

またパンチショットはライン出しが一番の目的なだけに、フェースローテーションはできるだけしないようにします。

通常のゴルフスイングではインパクト後にフェースが返るのが自然なスイングですが、パンチショットの場合はフェース面を目標方向に向けたままフェースを返さないようにフォローを取りましょう。

スイング軌道はアウトサイド・イン

最後はスイング軌道です。

こちらは極端にやる必要はありませんが、パンチショットの基本となるスイング軌道はアウトサイド・インです。

トップは少し体から離し、肩の高さまで上げます。そのままダウンスイングに入り、フォローではグリップエンドを左腰に近づけ腰の高さまでフォロースルーを取りましょう。

スイング軌道がインサイド・インの場合は、フェースローテーションすることになり方向性がブレます。

スイング軌道がインサイド・アウトの場合はボールを押し出したような形になるのでライナー性の打球を打つことができません。

パンチショットでは、アウトサイド・インのスイング軌道がゴルフボールをダウンブローで打つことができ、方向性も安定する最良のスイング軌道です。

パンチショットは練習場で反復練習を!

パンチショットを実際のラウンドでいきなり試すとスコアを崩す危険があります。

見た目は簡単に見えるパンチショットですが、実際はかなり難易度の高いショットです。

身についていない状態で実践すると失敗してしまう可能性が高いですが、強風のラウンドなど、重宝する場面がたびたび訪れます。

そんな時強い味方になってくれるパンチショットをこの機会にぜひ習得しましょう!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

パンチショットを覚えよう!【スイング編】

カートに追加されました。


×